<   2018年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

明治150年(5:終)

 明治維新最大の謎とされているのが、軍資金の問題である。
 グラバー商会が資金提供したのではないのかと推測する見方がある。先年、長崎のグラバー邸の大規模改修工事で屋根裏に多数の人が集まれる、密室の如きものが発見されたのである。その入口が女中部屋なのである。薩長の密談に利用されたのではないのかという推測である。
 坂本竜馬に多額の資金提供したのもグラバーであったと。
 その見返りは何であったかと言うと「取引額の拡大」である。

 日本が近代化すれば、商取引も増加してくる。その前に内戦状態となれば武器商売が増えることも見込んでいたのであろう。最初は長州藩を取り込んだ。しかし一藩だけではもたない。幕府に追い込まれお手上げ寸前になった。竜馬が出てくる。薩長同盟となり、さらには土肥もくわわる。

 グラバーさん個人の力では、たかが知れているが、バックについているのが、イギリスの東印度会社を統括するジャーディマテソン商会で極東の権益をすべてまかされていた。グラバー商会はその日本代理店みたいなものだったろう。資金はそこから出たとみられる。現在でもマテソン商会は世界の大企業500社に含まれている。

 世界史的に俯瞰すると、インドでは軍を投入して大虐殺の上で植民地化した。中国では1842年にアヘン戦争を起こして、麻薬の商売拡大と香港を植民地(実際には99年の租借)とする成果をえている。次にと狙ってきたのが日本である。

 日本は簡単には行かないとおもったのだろう。自らに内戦を起こさせる作戦にでた。その結末が明治維新なのだろう。英国人が表に出ることはなかった。
 当時はそれが常識だったのだろう。幕府側はフランスに援助を求めた。
 歴史は勝者によって作られるとされる。今後知られざる事実の出てくる可能性は高い。
 
 

[PR]
by watari41 | 2018-05-24 15:46 | Comments(0)

明治150年(4)

 明治戊辰戦争は、仙台藩にとっては戦う必要のないものだった。
 過去に必要な戦争というものがあったのかは不明だが、歴史上、幾度もの戦争は後になって考えてみると、何故に戦争になってしまったのかわからないものが多い。
 戦争の発端には意外なものが多い。
 ベトナム戦争も数十年後に当事者である、アメリカのキッシンジャー氏とベトナムのザップ将軍の衛星による対談番組があったが、お互いの誤解に基づくものだったようで、ベトナムは焦土となりアメリカ人が何十万人も戦死した。
 しかし世界史は戦争の歴史でもあり勝者が利益を得ている。日本も戦国時代には同様である。

 江戸時代の260年間は、内戦はもちろん外国とも戦っていない。奇跡的なことなのかもしれない。
 外国では、この間も種々の戦争が勃発している。ドイツとフランスの戦争とかイギリスは7つの海を支配すると言われた如く、世界各地で植民地戦争を起こして勝ちまくった。

 それでは幕末の内戦とは、どういうことだったのかということになる。
 その昔の「関ヶ原」での東軍と西軍というようなことでもない。
 薩長土肥と言われる、当時でいえば革命勢力であったろう。当初は長州が京都での市街戦だけで、平和裏に成功するはずだったようだが、不運なことに会津藩が指揮する幕府側が長州派遣軍に勝ってしまった。ここから事態がおかしくなった。

 江戸幕府が無血開城したのだから、もう戦う必要はなかったのだが、長州軍は私怨ともいうべき会津藩を叩かづにはいられなかったのであろう。東北諸藩が揃ってまで会津藩も江戸城同様の扱いを申し出ているが聞き入れられなかった。
 結局は東北のリーダーたる仙台藩62万石も戦う他はなかった。
 福島県の「いわき」と「白河」に援軍を出したが、惨敗し大量の戦死者を出した。
 仙台藩の最南端まで攻め寄せられ、降伏するしかなかったのである。

 藩祖、伊達政宗公の廟から2代目忠宗公の廟へ行く途中に、戊辰戦争で戦死した仙台藩士多数の名前を刻んだ碑がある。
 一方で官軍の戦死者は、靖国神社の戦没者記録に名前が残された。すなわち祀られ神となったのである。


[PR]
by watari41 | 2018-05-14 21:34 | Comments(0)