時間の蓄積

 かつての農村には、過去からの時間の蓄積があった。先祖が開墾した田・畑、滋味豊かになった土地など、それらを感じながら、それぞれの時代人が生産にいそしみ、また未来への遺産を残した。
 しかし、近代都市は時間を蓄積されるものから、過去へ過ぎ去るものへと変えてしまった。絶えず古いものを捨てて、新しいものを求め続ける。都市時間が現代を支配した結果、農村も荒廃した。人々は時間が蓄積されないことに虚しさを感じはじめている。(上記文は、内村節さんという方が書いた農業新聞2010年元旦版の抜粋である。)共感するところ大である。

 個人の時間蓄積は確かにあるのかもしれない。しかし社会への貢献となると、その時代にはあったのかもしれないが、もはや博物館に入っているのは良い方で、ほとんどのものは、新しいものへと切り替えられ、過去に存在したものは跡形も無く消えている。昔の民具保存館などもあるが、それらを実際に手にした我々は懐かしさにかられるが、初めて見る子供は何らの興味も示さない。

 我々の世代が自分史を書きたがるのは、そのような背景があるからなのだろう。この拙文である回想も似たようなものだ。足跡をとどめたいというよりも、もう一度自分自身を振り返ってみたいというようなことなのだろうか。

 近代化は一見して、人間の生活を大幅に向上させたかに見えた。しかし今や職を失い、住も無くなり、路頭に迷い、施しを受けなくてはならない人々が近代都市に何万人と出現した。片方では、それら食えなくなった人々を放りだした巨大企業には何兆円もの蓄積ができている。単年度が赤字であることに騒いでいるに過ぎない。企業は政府がセーフティネットを張るべきだと言っているが、これまた無責任のそしりを免れない。

 宮城県はまた膨大な先行投資をして、自動車企業を誘致して、雇用と税の確保を狙っているが、需要を握る市場はどうなるのだろうかと思う。

 上記文の作者は、時間が蓄積される生き方がもつ楽しさと、価値ある生き方とはなんであろうかを追求しようと締めくくっているが、現実との乖離は極めて大きい新年を迎えるのである。

[PR]
Commented by michiko at 2010-01-02 17:08 x
蓄積の結果が何らかの弊害が生じて変化せざるを得ない時代が来るのですから 価値ある 時間の蓄積が大切で なかなか難しい問題なのかもしれませんね。 
Commented by schmidt at 2010-01-03 11:55 x
同感です。「企業」という切り口を考える場合、「株主」をどうおさえるかがポイントですが、論点になりにくいですね。政府と国民の関係にも似た二重性があります。政府は政権交代という道があることが昨年、あらためて実感できました。
 しかし、「企業」に問題があるとして、どう解決するかを「株主」に訴える手法は皆無に等しい。集約する手順も、あるのは株主総会だけです。
Commented by watari41 at 2010-01-03 16:16 x
 蓄積の結果、脱皮を繰り返して、人類が進化しているという見方も一方にはありますが、これは言われるように難しい問題ですね。michikoさんコメントをありがとうございます。

 企業が利潤を追求するのは当然なのですが、少し前までは働く人を第一に考えていたように思います。ところが最近では人間も物として扱うような企業が出てきているようなのですね。人の採用は人事部があつかうものなのですが、派遣社員は資材部の扱いだとかいうところもあるそうで、何とも酷いことになったものです、 schmidtさん、コメントをありがとうございます。
by watari41 | 2009-12-31 13:23 | Comments(3)