年金の没収

 日本航空が経営危機に陥っている。OBへの企業年金を支払うのに大変なようだ。OBが現役時代に積み立てたものなので個人財産に当たる。
 しかし、国会で議決すれば、これを没収することができるようだ。そんなことが実際に有り得ることを経験している。

 私の妻のことである。結婚の前後に10年ほど地方公務員をやっていた(県庁職員)。辞める時に、当時は退職金を現金支給か、それともそのままにしておいて、後日年金としてもらうかの選択があり、後者を選んだ。

 何十年か過ぎて、規定の利息が積み重なり、数百万円になっていた。それが国民年金にプラスされ、月に10万円以上をもらうことを楽しみにしていたのだ。しかし、支給年齢の直前になってガンで死亡してしまった。
 本人は、国民年金分は駄目にしても、退職金分は個人のものなので、夫である私に支給されるものだと思って亡くなった。

 私は、妻の年金手帳をもとに、かけあったのだが、法律が変わって、死亡の場合には没収されることになったとのことで、ガックリしたことを回想している。国家の権力というのは、すさまじいものだということを身をもって経験した。年金は長生きをした人の勝ちなのである。

 今回の日航騒動は、2割とか半額減で収まったら大成功なのだろう。モタモタしていると、全額没収になることは目に見えているようだ。日航は我々からみると信じ難いほどに給料の高い会社なのだろう。
 私が在職した会社は、皆さんの給料からそれを引くと残りすくなるので、その制度を採れないという貧乏会社だった。ただ、退職金をあずけてもらえば、10年間に分割して利息をつけて払いましょうというので、それを選んだが、まもなく終わる。懐が一段と寂しくなってきた。
[PR]
Commented by クオリア at 2009-11-16 17:05 x
怒り心頭に達しました。庶民を考えぬ年金制度 お役人の責任のない年金管理 ひどい ひどい お役人は庶民のことなど無にしている 変えねばなりませんね 
Commented by watari41 at 2009-11-16 21:51 x
知らない間に制度が変わっているということがあるんですね。年金には、いろんなことがあり過ぎますね。クオリアさんコメントをありがとうございました。
Commented by ようこ at 2009-11-16 22:07 x
>支給年齢の直前になってガンで死亡してしまった。
なんとも残念ですね。
せめて死亡1時金のようなものをいただきたいです。
「年金を満額いただける65歳、いえいえ、さらにかけた分を取り戻すまでは、死なないぞ」などという気になるものいいかも。

日航に勤めていた年金暮らしの親戚がいますが、働いている我が家より、優雅な暮らしをしております。
Commented by moai at 2009-11-17 10:52 x
2週間前”沈まぬ太陽”見てきました。あくまでも小説がベースですが親方日の丸の体質で6つの組合が牽制し合っている姿は、経営者はもちろん組合側にも甘えがあったのだと思います。体質だけではなく円高と同時テロに追い打ちされて今の直面している姿になったのだと思いますがアメリカ、オーストラリア、ベルギー、ブラジル多くの航空会社が破産したなかで日航も生き残るためには並大抵の努力ではできなかったでしょうね。
年金問題、再生のためには世間が納得する調整が必要なのでしょう。人ごとではなく我が年金も、5-6年前利率ダウンのための根回しが行われていました。予想外の鉄鋼景気回復で今のところ維持されていますが75歳まで無事継続は怪しい状況です。
Commented by watari41 at 2009-11-17 11:14 x
死亡一時金は、誠に微々たるもので1~2月分だったとおもいます。涙金そのものです。
日航退職者の優雅さは、聞いたことがあります。企業年金に会社が6割も負担しているんですね。
ようこさん長生きして、ガッチリともらってください。コメントをありがとうございます。

moaiさん、組合の姿は、かつての国鉄そのものですね。親方日の丸だと、どうしてもそうなるんですね。動労・国労・・・・・たくさんの組合がありました。私鉄にはなかったような、信じ難い事故も頻発してました。最後には国鉄清算会社というのができたんですね。
一旦、解体して負債を分けて、出直しをすれば、海外の航空と対等にやれると思いますね。
鉄鋼のそんな話を同級会で聞きました。ケシカランとショウスケさんが怒ってましたが、その後回復したんですね。私らはなけなしのものなんで安全に信託銀行で5.5%なんです。コメントをありがとうございました。

Commented by michiko at 2009-11-17 13:57 x
国の制度や法律は変わるのですね。
国を信じている国民は欺かれた思いですよね。
最近は絶対大丈夫とか、信じられるものが無くなっていくような危機を感じていますが・・・。
Commented by watari41 at 2009-11-17 17:52 x
医療費などもそうですね。最初は負担ゼロ、そして1割、2割、3割負担と徐々に上がっていってますね。もう上げることはないと、小泉さんが言ってましたが、怪しいものですね。michikoさんmコメントをありがとうございます。
by watari41 | 2009-11-15 11:35 | Comments(7)