双頭の権力

 民主党政権には二つの権力機構が存在していると言われる。鳩山首相と小沢幹事長である。こういうことは、かつての自民党にはいくらでもあったので驚くことでもない。

 日本特有のことかと思っていたら、ロシアでもそんなことになっている。大統領とプーチンさんだ。これは恐らく民主主義が不成熟な状態で起こるものなのだろうと思っている。

 形は選挙の結果なのだが、日本もロシアも一党支配が長く続き過ぎた結果でもある。

 日本では、歴史的に双頭の権力というのが、かなりの期間存在した。天皇が譲位しても上皇になって権力を握ると言ういうシステムが平安時代にできた。有名なのは後白河上皇である。

 鎌倉時代以降になると、実質的な権力はなくなるが、朝廷と幕府という双頭の国家体制である。
 織田信長はこれを変えようとした。朝廷をも自分の支配下におこうとした。それが安土城の間取りから伺えるという。しかし旧来勢力は光秀を説得し暗殺した。これをみた秀吉は、逆に朝廷に一本化しようとして自ら関白となった。しかしこれも結局はうまくいかず、家康は従来どおりの幕府体制をしくしかなかったのだろうと考えている。

 日本人には、双頭の権力体制というのが、歴史的に染み付いているかのようで、違和感をもたれないようだ。

 会社でも社長を退いて実力会長となって実質的な双頭の体制というのが普通に見られる。

 一般の家庭もそうかもしれない。権力を持っていると思われる夫だが、実質は奥さんに握られている。双頭の権力でもそれがうまく機能していればよいのだが・・・。
[PR]
Commented by schmidt at 2009-11-11 20:11 x
>かつての自民党にはいくらでもあったので驚くことでもない。
 
 そうなんです。みんなでなかったことにしているとしか思えません。新人が大量に当選すると、内容も精査せずに、いかにも素人議員団が誕生したと揶揄しておきながら、新人研修をやろうとすると、二重構造論に直結させる。どんな研修が行われているかとか、因習にとらわれない議員活動の可能性や課題など、前向きのテーマをとりあげもしない。考えようとしない。表面的で、お粗末な劇画のような政局報道まがいを続けている。そんなメディアの姿に、わたしは穴があったら入りたい心境です。
Commented by watari41 at 2009-11-12 10:44 x
 国民が劇画のような、そういう報道を喜ぶんですね。メディアが悪いのでも何でもないんです。国民レベルの民主主義であり、メディアであるといわれます。変に教育的になったりするのは良くないんだともいわれますね。あるがままの報道を一人一人が、それぞれに解釈できるようにならなければならないのだろうと思うのです。意外にも新聞論調に左右される人種として学校の先生方が多いのだとか聞いたことがありました。schmidt さん、コメントをありがとうございます。
Commented by クオリア at 2009-11-12 16:22 x
責任分散のためでしょか 一人でやれば独裁者 毎日地獄のごとき犯罪がうまれているのは悪政のためでしょう 子供のころ見知らぬ大人の人から叱られた覚えがあります。現代では新聞沙汰になるのですね
Commented by watari41 at 2009-11-12 19:53 x
 世の中、全体が良くなることが必要なんですね。しかし何か攻撃目標があると、集中砲火を浴びるんですね。今の世の中、不安定になってきているようです。クオリアさんコメントをありがとうございます。
by watari41 | 2009-11-11 20:03 | Comments(4)