ご馳走様

 少し前までは、どんな山奥の旅館に行っても、必ず「刺身」がでたものである。現在でもそうなのかもしれない。「刺身」は最高のご馳走とみられていた。
 しかし浜の魚を食べているものとしては、活きの悪い何とも始末に悪いものだった。当時は肉を食べることなどは、ほとんどなかったので魚がごちそうであり、なかでも「刺身」だったのである。

 私の仲人さんが、もう40年も前になるが故人となってしまった妻の実家にご挨拶に行った。名うてのソバ屋さんである。期待して行ったらしいのだが、出されたものは「お寿司」だったのだという。賓客にソバを出すのは失礼だと考える風習が残っていたのである。私が行ったときもやはり寿司を出された。ソバは困窮している人が食べるものというようなイメージだったのであろう。

 今や、健康食としてもてはやされている「アワ」とか「キビ」なども昔は「米」を食えない人が、命をつなぐためにやむを得ず食べていたものだ。だからといって昔の人が長生きしていたわけではない。
 今や副食でカロリーをとり過ぎているので、主食は低カロリーでという時代なのだ。岩手県のキビを栽培する老農家が不思議な時代だと言っていた。

 食べるだけではなくて、仲の良い男女や「のろけ」をみては、からかいの意味で「ご馳走様」ということもある。口ではなく目の馳走にあずかったということなのだろう。

 いろんなご馳走がありそうだ。これは人間の欲とも関連した言葉なのだろうと思う。また、おもてなしという意味もあるのだろう、国賓を迎えるに当たっては、礼砲、儀場兵の閲兵や音楽、そして晩餐と続く。

 我々世代は、食事の後は「ごっつおさんでした」と言うように躾けられた。このあたりの方言だが、お相撲さんの言葉にも似ている。

 その気になれば、われわれでも世界中のご馳走を食べられる。片やユニセフからのたよりは、貴方の千円は10人の子供を救いますとある。この子たちがご馳走様といえる日が来るのだろうかと思う。
[PR]
Commented by schmidt at 2009-11-03 22:16 x
 美味しいものはもちろん、おいしくいただくのですが、どういうわけか食に熱心になれないのです。世界の少なからずの人々が反対する捕鯨にしても、そんなに反対されてまで食べなくてもいいや、と思いますし、今、問題になっているマグロも、食べるなと言うんなら食べなくともいいと思うんですね、たぶん。「生きているだけでも丸もうけ」というせりふが何かのドラマで出てきました。個人的には「一生懸命」を冒頭につけたいと思いますが、それにしても近年のグルメ志向にはなかなかついていけません。全国どこにでもあるチェーン店のパスタを「美味しい」などと言うものですから、若い人たちにもあきれられています。
Commented by watari41 at 2009-11-04 10:02 x
 食にこだわる人、こだわらない人、人様々ですね。私はどちらかというとその中間ぐらいです。食は確かに文化ですが、クジラを食べるのも文化であるというのは、どうも行き過ぎのような感じがしてます。マグロもご指摘のように3~5年くらい禁魚にしたらどうだろうと思います。ハタハタのように回復すると思います。漁船に対してはそれこそ政府が補償したらよいのだと考えているのです。全国チェーンで私も似たような経験があります、これは旨いと言ったら家内に笑われました。schmidtさん、コメントをありがとうございます。
Commented by クオリア at 2009-11-04 10:03 x
TV番組でも食の話題が多くてあきれ返っています。
腹が減っていればなんでも美味しいと思うのですが 大きな味覚の差はあるものでしょうか 飽食の時代 飢餓の国の子供たちを報道している
異常な時代になってきました。
Commented by watari41 at 2009-11-04 19:23 x
 空腹だと思えることが少なくなってきたのは残念なことです。
空腹時には何でも美味しく食べられますね。もうご馳走はいらないのに、グルメ番組おおはやりですね。日本でもそのうちに飢餓にあえぐ人達がでるのではなかろうかと危惧しております。クオリアさん、コメントをありがとうございます。
Commented by michiko at 2009-11-04 20:32 x
飽食の時代になって低カロリー、ヘルシー嗜好なり日本の伝統食、郷土料理が見直されているのですよね。
昔は代用食でも現代はお洒落なスローフードといわれます。
Commented by ようこ at 2009-11-04 21:07 x
 >我々世代は、食事の後は「ごっつおさんでした」と言うように躾けられた。
ヒャー懐かしい言葉ですね。今まで忘れていました。
そういえば、お相撲さんの挨拶に似ていますね。

子供のころは、お客様の時とか、お祝い事の時はお鮨でしたね。
現在は、お鮨を出されるよりお蕎麦の方が、ご馳走になりました。
う~ん、急にお蕎麦が食べたくなりました。
Commented by watari41 at 2009-11-05 15:28 x
 高級なものでは懐石料理、末端では菜っ葉飯、いずれも日本古来のものはヘルシーですね。数千年来きずいてきた日本人の体が現在の肉食についていけない人が出て、そんな人が若くして病気になってしまうとか。
michiko さんコメントをありがとうございます。

 ようこさん、昔はお祭などでは、一般家庭でもお膳に料理が出されたものです。年に一回か二回くらいのものでしたが、楽しみなものでした。今や新蕎麦に値打ちがあるんですね。コメントをありがとうございました。
by watari41 | 2009-11-03 10:33 | Comments(7)