数は力

 「花巻祭を見ずして祭を見たとは言うなかれ」、こんな言葉を奉ってもおかしくないほど立派なものだ。
 次から次へと壮麗な神輿がでてくる。その数は百神にものぼろうか。いずれも担ぎ手や囃し方が30人以上もついている。花巻があたかも百万都市にもなったかのような、錯覚に陥ってしまう。その規模の都市でないと出来ないような祭りだ。多数の神輿のお渡りは前座みたいなものだというからさらに驚く。

 ひと呼吸をおいて、花車というか華やかに飾りつけられた山車が来る。前には稚児が一列4名の5列程度、煌びやかな衣装を身に行きすぎる。山車のテーマは、古代神話や源平合戦のことなど様々だ。こんな花車が数十台もあっただろうか。

 祭を開催する費用たるや莫大なものにちがいない。神輿を一台新調すると二千万円だそうだ。市民全員が参加しているような感じがする。

 花巻市は町村合併でやっと人口10万人を越えた街だ。我が町の3倍でしかないのだ。我が町は神輿一台出すのにヒーコラ言っている。新しい温泉会館ができて、夏祭りをやったが、花巻には比ぶべくもない。しかし人出だけは仙台が近いのでやたら多い。花巻は残念ながら、見物人より出演者の方が多いのではなかろうか。

 全国には古来からのお祭も沢山あるが、祭は地域の結束度を表すような気がしている。花巻はそんな意味で、経済的に繁栄しているとは思えないが次元の異なる意気込みを示しているようだ。
 花巻は歴史的文化人も数多く排出している。宮沢賢治・新渡戸稲造・高村光太郎・萬鉄五郎(画家)・・・そんな誇りもあるのだろう。

 岩手県は四国と同等の面積だが、花巻も広い。山形県と隣接するようになった仙台市よりも、さらに一回り広いのだからこれまた驚く。

 今や日本一の実力者かもしれない小沢一郎さんは、ここを選挙区にしている。民主主義は数で決まると言う。数は力だ。沢山の神輿や山車を見ながら、そんな思いがよぎる。

(数年前の写真を借用)
a0021554_965726.jpg

[PR]
Commented by michiko at 2009-09-17 11:00 x
花巻祭りの山車の写真、ライトが明るく灯って華やかで なかなか見ごたえのあるお祭りなんですね!!
東北はお祭りにかける人々のエネルギーが凄いです。
以前に秋田県を車で北上中に偶然に「大太鼓の館」があり、それまで知らなかったので、入ってみてビックリしてしまいました!!
あんな大太鼓を鳴らすと スゴイ音量と迫力でしょうと想像しました。
Commented by watari41 at 2009-09-17 16:16
今年は車の下にガスボンベをおいて、ガスの炎でやってました。(特別な許可を得ているのでしょう)。亘理でガス屋に聞いたら、何名かの知り合いが、こちらからも毎年手伝いに行っているんだとか。そして周辺町村の協力もすごいのだと思います。michiko さんコメントをありがとうございます。
Commented by ようこ at 2009-09-17 17:44 x
人口10万人の街で、神輿の数が百神!
神輿を一台新調すると二千万円!

祭は地域の結束力を表すもの、花巻の人は、すごい!
小沢一郎さんの選挙区と祭りを結びつけたwatari41さんもすごい!
小沢一郎さんに、本音をお聞きしたいです。

祭りの写真もなかなかいいですね。
花巻の祭りを見たくなりました。
今日のブログには、驚きました、

Commented by watari41 at 2009-09-17 19:13 x
多少はうまく書けたのでしょうか。
ようこさんにお褒めの言葉をいただき恐縮です。

企画してくれた旅行社の方は、花巻出身の方でした。
我が町に住み着き、是非一度、皆様方を案内したかったとか。

岩手県、そして花巻の人はすごいですね。
宮城県の人は、どこか、ノホホンとしてますね。
コメントをいただきありがとうございました。
Commented by moai at 2009-09-18 10:39 x
watariさんの言われるように、祭りは地域の結束度を表していますね。我々の播磨地方にも全国に有名な灘のけんか祭りがありますが、海辺の古い町で続いていてまさに地域のネイチブ住民は祭りのために命をかけているといわれています。
その点われわれ新興住宅地によそから来た市民はそんな祭りとは疎遠な生活で子供みこしでお茶を濁している程度です。1昨年子供の嫁の里から招かれて祭り見物、山の中腹にござを引いて弁当食べて神輿見物しましたが、それだけで参加気分になって、やはり祭りは参加するものですね。
Commented by クオリア at 2009-09-18 11:32 x
まだ方言は残っていると同じように県民性の性格も伝統も残っている世を嬉しくこのごろ思っていました。お祭りも盛んになってきました。
旧町内に住む人がうらやましくおもいます。
小沢党がこれからの日本をどのようにリードするのか 岩手のお祭りのように迫力のある現実に即した実行力を期待したいものです。
お金で問題を起こさないようにお願いしたいものです。
お祭りも寄付金とその公開そして参加する人の意欲次第ですから 
Commented by カメチャン at 2009-09-18 20:36 x
僕の団地も昔は盆踊りがあったが、今はない。僕自身も参加したことはなかった。それで今は芸能を主体にした祭りを行っているが、あまり盛り上がりのない状況だ。花巻や博多のような祭りに一年をかけるような意気込みの人は皆無である。僕は割合クールな人間なので、お祭りにエネルギーを集中できる人のことが理解できない。しかし祭りがなくていのかとなると何かが欲しいなと思う。この2年間は秋の祭りの実行責任者をやらなければならないので、今一生懸命計画中である。自分自身が祭りに”のぼせる”気持にならないので、まー実力の範囲内でやれば良いわいという義務感の気持でやっている。だからエネルギーも湧いてこないし、面白いイベントの企画もできそうにない。フェスティバルの持つ意味がよく理解できない。でも無かったらやっぱりさびしい。お祭りは観るよりは参加するほうが絶対に楽しいな。花巻の町並みは通りが広いなという印象がありましたが、お祭りのためですかね。
Commented by watari41 at 2009-09-19 08:38 x
まとめての返信をご容赦下さい。moai さんクオリアさん、カメチャン、外人は、どうして日本人が、祭りというか神輿をかつぐことにあんなにも熱中できるのかがわからないといいます。
同じ日本人でも地域ネイティブと、新住民ではまったく異なりますね。しかし「米」の重要性が薄れるに連れて、盆踊りもすたれてきました。これは田園地帯と収穫があってのことですね。
ほとんどの祭は、江戸中期以降にできたものと言われますが、いろんな住民不満、鬱憤のはけ口として利用されてきたように思います。年に一度は徹底的に騒いでみたいということなんですね。
花巻は、祭による街づくりを目指しているのかもしれず、ユニークなことになります。あの地域には獅子踊り、チャクチャグ馬っ子など、どくどくのものがあります。ここを小沢さんが地盤としているのも面白い。しかし幹事長として数をそろえるのに、沢山の若い女子を当選させましたが、今後どうするつもりなのでしょうかね。
海外での祭りは、カーニバルなど、様式はちがえども熱狂的ですね。祭に対する思いは、やがて「脳」のどこが関係しているんだというようなことが解明されるんでしょうね。コメントをありがとうございました。
by watari41 | 2009-09-17 09:09 | Comments(8)