「我々は何者か・・」

 かの有名な画家、ゴーギャンがタヒチで描いた絵の題名が次である。「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」キリスト教の問答の一節でもある。ボストン美術館から東京の竹橋にある国立近代美術館にやってきた。
 ゴーギャンの晩年、1900年当時、彼は大いに悩んでいた。西洋文明にもキリスト教にも懐疑的になった。上記はそれらを批判した絵でもあるという。この絵を描いた直後にゴーギャンは自殺をはかった。「われわれは・・」という問題はキリスト教では解決できないと考えていたようだ。
 タヒチ島で人生最後のつもりで絵を書いた。一枚の絵に、生れ落ちた赤子、成人が果実を取る姿、老齢化して死に至るまでを横幅3.5mに収めた。そして上記の題名を付した。彼は生涯最高の傑作ができたと思ったようだ。
 
 日本にもそんな仏像がある。興福寺の阿修羅像がこれに相当すると思っている。頭が3つある日本最高傑作の仏像だ。従って3つの顔がある。先ごろ上野の国立博物館での特別展示で大好評を博した。正面を向いて合掌しているのが青年の顔である。真剣な表情で祈っている。左回りで次の顔が大人になって怒りの表情で手を振り上げている。最後は諦めの表情なのだという。
  穢れのない純粋な少年→憤怒に耐えぬ大人→諦観した人となる
この奈良時代の仏像には、生の人間がリアルに描かれていて、見るものに感動を与える。

 この奈良時代までの主役は日本も人間だったように思う。しかし、平安期以降は、もののあわれや自然をめでる風潮が高まったように感ずる。
 その集大成ともいうべきものであろう、1923年横山大観が描いた墨絵「生々流転」である。重要文化財に指定されている。ゴーギャンが傑作をものにしたやや後のことだ。これも国立近代美術館にあった。東京赴任の休日に見てきたことを回想している。長さ40mもの巻物である。大河の一生の物語が絵になっている。山奥の源流で濃い霧が水滴となって滴り落ちる。川は徐々に大きくなり、やがて海へとそそぐ。そして海面から霧が立ち昇り、山奥へと運ばれる。要はこんな自然の繰り返しのなかに、人間も動植物も生息しているというものだ。「われわれは何者か・・」などと考えなくともよいのだ。全てはみ仏のままにとか、川の流れに身をまかせればよいのだ。

 日本人の大勢はそんなことではあるが、悩みの尽きない人も多い。人間の労苦を一身に背負ったような方もいる。真面目に考えればゴーギャンの絵のようになるのかもしれない。「我々はどこへ行くのか」の選択肢は人間そのものが持っているのである。
[PR]
Commented by moai at 2009-08-31 10:16 x
ゴーギャンの描くタヒチは先入観なしに見た時は「生の謳歌」のようにみえ、夢のような存在でしたが、ゴーギャンの人生を知り、WATARIさんの
言われる「人間主役」からくる悩みの極みにあったということでしょうか。
芸術の世界も東洋では自分を「大河の一滴」とする思想に立つということでより平安な心が得られている、勉強になります。
Commented by watari41 at 2009-08-31 15:07 x
 キリスト教というか一神教が日本で大きく広がらないというのは、そんな東洋的思想背景があるのだろうと考えています。
 日本の新興宗教も、そこを巧みについたものが巨大化してますが、西欧にゆくと、それはカルトであるとなるんですね。
 日本人の宗教観・自然観・人生観・・・なども、そのうちに大きく変わってくるのだろうと思っているのです。moai さん、いつもコメントをありがとうございます。
Commented by クオリア at 2009-09-03 15:38 x
<我々はどこへ行くのか」の選択肢は人間そのものが持っているのである。>
同感です。悩み苦悩がますます増える人間の世が辛くなるこのごろです
Commented by ようこ at 2009-09-03 22:55 x
日曜美術館、見てました。ゴーギャンは、哲学的な絵を描いていたのですね。考えすぎると、へんになっちゃいます。そこまでつきつめて描く画家と個性的な感性で描く画家もいる。そのどちらでもない人は、後世に残らない画家でしょうか。

>「われわれは何者か・・」などと考えなくともよいのだ。全てはみ仏のままにとか、川の流れに身をまかせればよいのだ。

この考え方の方が受け入れやすいです。

コメントを書こうとしたら、サーバーがダウンしてました。
ダウンの回数、けっこうありますね。
Commented by watari41 at 2009-09-04 11:22 x
 個性的な感性で描く人、画家ではないのですが版画家では棟方志功がおりましたね。東北の芸術家として忘れられない人です。
 日曜美術館を見忘れました。やってましたか。
 ここのサーバーは結構お休みが多いんですね。使う人が多いのでしょうか。ようこさんコメントをありがとうございます。
by watari41 | 2009-08-29 14:17 | Comments(5)