続:大気の汚染

 ダイオキシンが話題になったのは、30年ほど前のことだ。猛毒である。サリンの2倍もの毒性を有する。ゴミの焼却によっても発生することが確認されたのは、オランダで1977年のことに過ぎない。農薬によっても発生するし、工業的には電気製鋼炉からでるものが最も多かった。

 これまた強烈な規制がかけられた。それ故ここ10年ほどは急激な勢いで減少している。最後にテレビ放映された大きな話題は「ニュースステーション」での埼玉であったろうか、焼却炉近辺の野菜から基準を超えるダイオキシンが検出されたということで、大変な風評被害が出て、久米宏さんが連日陳謝していたことを思い出す。

 化学物質は次々に開発される。現代に存在するものは3千万種とも言われ、工業的に利用されているものだけで、10万種があるのだそうだ。ポリ・・・・という、舌をかみそうな物質がたくさんある。ダイオキシン類の一つは「ポリ塩化ジベンゾーパラージオキソン」というもので読みにくいったらありゃしない。

 現代社会は一面では高分子化学工業の時代といえるのかもしれない。便利で有用なものが次々と生み出されてくる。しかし、それが次の瞬間には人体に有害なものだったという話もこれまた多い。
 PCBによるカネミ油事件というのが記憶に残る。このPCBというのは有用なものだと柱上トランスなどの冷却オイルとして大量に使われた。有害だとわかった時点でストップがかけられ、各事業所で厳重に保管せよとなった。どこでももてあましていたが、最近ようやく国のお金で全国に5ケ所の処理施設ができた。
 東北・北海道・北関東地域は北海道の施設まで運搬しなければならない。

 こんな、ダイオキシンや有害な化学物質も最終的には川を下り、海に流れ出す。そして魚の食物連鎖を通じて人間が食べる。事実、人間の体のダイオキシン類の85%は、魚貝類からのものであるという。
 肝機能障害を起こし易いのだそうだが、一時期我が町の海岸地帯で、肝臓病でなくなる知人が多かった、当時は新たな風土病なのだろうかなどと思ったものだが、今となれば化学物質の影響が大きかったのかもしてないと回想している。一日に一度は刺身を食わないと満足しないという人達だった。だがもう一説には、地元の医者が、注射針を使いまわしていたので、患者が広がったとか、の噂もあり、今となってははっきりしないが、化学物質にはいやな感じを持っている。最も苦手とした科目でもあったからだ。
[PR]
Commented by カメチャン at 2009-08-01 15:19 x
10年くらい前のことである。わが団地のすぐ横に産廃の小型焼却場があった。この煙害が酷く、長期に亘って日夜困っていた。地形的にもっとも煙害を受けやすいであろう地区のがんの死亡率が高い印象がしていた。調査の母数は少ないのであるが、住民の手で死亡原因の解析を行った。その結果明らかに他の地区に比較してがんが多く短命であることが判明した。その結果を住民に対して発表した。さすが大マスコミは根拠の信頼性におじけづいて記事にはしなかった。市の幹部からはそのようなあやふやなデータを発表するとは何事か、責任をとれと非難をされた。僕はいくらでも責任を取りますよと啖呵をきっておいた。文句があるなら行政のほうで調査をしてくれと要求をしておいたがついに非難だけで何もやらなかった。このようなケースであれば皆さんはどのように動かれますでしょうか?なかなか難しいですね。人間が焚き火をするの本能的に自然なことだと思うが最近はすべての焚き火は駄目と言うことで何やらさびしいですね。
Commented by クオリア at 2009-08-01 17:12 x
松くい虫の駆除のための薬剤空中散布が住民に被害を与えるため中止する自治体がでてきていますね。薬剤メーカーや国では薬剤には安全性がありさらに風速を見て空中散布する言っていますが子供たちに被害がでてきました。松林も全滅になり土砂流出災害が多くなっている原因でもありますね。
Commented by watari41 at 2009-08-01 19:49
 小型焼却炉は問題があるんです。私のところがそうでした。20軒ほどの小さな町内会の班ですが、ここ10年で私の家内を含めて4名がガンで亡くなり、ガン手術をした患者は、これまた私を含めて4名に上るのです。
 原因はどうやら、ご近所の小型焼却炉らしいのです。これはあくまで推定でしかないのですが、そうとしか考えられないのです。
 現在は焚き火も含めて一切が消防署に届け出なければなりませんが、これまたやっかいなことですが、カメチャンのところでもそんなことがありましたか。コメントをありがとうございます。

 クオリアさん、空中散布もまた問題なのですね。消毒薬の直撃を受けた虫は死ぬのでしょうが、生き残るものも多いんですね。
 害の方がむしろ大きいのかも知れないと私も思っているんです。コメントをありがとうございました。
by watari41 | 2009-08-01 10:28 | Comments(3)