平泉のこと①

 春の甲子園、高校野球決勝、花巻東は惜しかった。岩手県の選手ばかりで戦ったという。宮城県の利府高校もそんなことだった。東北の野球は強くなってきている。

 時を遡ること千年、花巻を含む岩手県中通りは、奥六郡といい、豊かなところだった。平泉には百年の栄華があった。
 縄文時代から、平泉にかけてが東北の黄金時代だったのかもしれない。

 我が町では、例年3月に歴史講演会を催している。多くの町民が楽しみとしているものだ。今年は平泉に特化した内容なのでワクワクしていたのである。3人のユニークな先生が、週をおいて2時間ほどの講義をしてくれた。聴衆は毎回百人をはるかに超える盛況であった。我が町は平泉の父を自認している(清衡の父が当地を領有していた亘理権太夫藤原経清)。
 最初は、元東北大教授の方で「中尊寺供養願文」を主とした関連の話である。初代清衡が中尊寺建立に当たって、「願文の草案」を書き、これを京都の当時最高の学者に大金を払い「添削・校正」してもらったのだという。その全文は一千文字ほどである。漢文で書かれている。いろんな解釈の仕方があるでしょうから、皆さんも読んでみてくださいと言われるが、我々の歯が立つ代物ではない。
a0021554_11473582.jpg

 その中で注目すべきは清衡は自らを「東夷之遠酋也」と称しているのである。だが、清衡のミイラが残っているので、調査によれば現代人と何ら変わるところはないのだという。へりくだった表現をしているのである。
 中尊寺は後に火災にあって大半を焼失したが、焼け残ったものに3千点を越える国宝と重文があるのだというからスケールの巨大さが伺える。

 初代が中尊寺、二代目が毛越寺、三代目が無量光院という巨大な寺院を建設している。元教授は、これは一種の公共事業みたいな性格があったのではなかろうかとのユニークな説を展開していた。そういえばピラミッドも、いまだその用途が明確でないが、当時の公共事業という説もある。

 アンコールワットも巨大で精巧な「仏教施設」である。平泉とはほぼ同じ時代の創建だ。だが、異なる勢力に滅ぼされ、ジャングルに埋もれていた。同様な時期に、同じ仏教徒が権力を握った時に、石造と木造の違いはあれ、似たような着想を持っていたことに興味を引かれている。
[PR]
Commented by moai at 2009-04-06 09:12 x
高校野球そしてプロ野球の楽天の活躍、今まさに東北の春ですね、歴史のことは、藤原家のことはよくわかりませんが楽しい勉強会のようすが想像できます。watariさんのブログのおかげで東北や平泉が少しずつ身近になってきております。
Commented by クオリア at 2009-04-06 09:28 x
勉強になりました。ありがとうございました。

それにしても火災が仏閣にはつきものなのが残念でなりません。原因は天災を除くと戦争・ですか しかし焼失があまりにも多いのに驚きです。
Commented by watari41 at 2009-04-06 20:31 x
東北にこだわってしまってます。世界的な視野をもつmoaiさんの前では誠にお恥ずかしい限りなのです。藤原さんとは紀香さんのことか、なんていう人もいる時代です。コメントをいただきありがとうございます。

クオリアさん、人生の大先輩に勉強になりますと言われると、これまた恥ずかしい限りです。文化財を守るというのは大変なことです。木造でなくともイラク戦争では、多くの古代の物がなくなったようです。コメントをいただきありがとうございました。
by watari41 | 2009-04-05 11:49 | Comments(3)