狐と狸/化かしの理論

 我が町にタヌキを飼っていた家があった。現在のようにペットとしてではない。ご利益(ゴリヤク)の記念としての飼育である。
 時は、明治から大正・昭和へと移る頃・・、何やら講談っぽくなってきた。

 ある地主が、一人の作男によって化かされるようにして土地を失ってしまった。どういうことかというと、その男への作料の支払いが事務処理の関係なのか、滞ってしまっていたのだという。催促したところ、冗談半分に土地で払うかとなったそうである。OKですとなって、そんならとはじめた手続きがおかしかったらしく、後年になって気がつくと、土地の大半は作男のものとなっていたという話だ。
 狐か狸にでも化かされたのだろうという噂になった。神社でも建てるところだが、生きたものを飼って奉ろうとなったそうだ。キツネは稲荷神社の祭神なので恐れ多いと、タヌキにしたそうである。それは、それは大事に扱ったとか。
 それを聞きつけた町内の人達が、そのゴリヤクにあやかろうと一時期、タヌキを飼うことがブームになったそうだ。

 何で、こんな話を持ち出したかというと、先日のTVで「GMの破錠」という特集番組があった。これまでの好調な業績の裏にはとんだカラクリがあったという内容だった。貧乏米国人ではとても買えそうにないGM高級車を販売店がローンで大丈夫だからと売りつけた。GMの金融子会社は、これを債権化して、またまた高値で世界に向かって売りつけた。

 まるでキツネが”枯葉をお札に化けさせた”ようなものだ。しかし現代ではこれを金融工学とよんでいる。化けの皮はいつかは剥がれる。リーマンショックで、全てが現実の世界にもどったのだ。

 日本の金融テクニックは「円天」なのか、集めた金額は千億円なので、日本経済を揺るがすほどではない。しかし化かされて全財産を取られたご婦人は気の毒だ。タヌキ男は日本人皆が幸福になるんですと。ふざけた話だ。何も高等数学を使ったわけでもなんでもない。マルチ商法だ。しかし結果的にはアメリカの話と一緒になる。こういうものに理論があろうとなかろうと同じことなのだ。
[PR]
Commented by schmidt at 2009-02-06 16:36 x
 キツネは恐れ多いのでタヌキというのは、おかしみが漂いますが、よく分かる話ですね。米国の話はともかくとして、永田町タヌキ、霞ヶ関キツネの出没には本当に嫌になりますね。「政府紙幣」などと、「葉っぱ」まがいのことをいかにも大したことのように・・。原因も結果もない不明な話にはもうついていけません。
Commented by watari41 at 2009-02-06 18:03
 ひどいことを考えるもんです。日本の「枯葉作戦」なのでしょうか。最終的に政府はインフレを狙っているんでしょうね。千兆円もの借金をチャラにしたいと。幕末の仙台藩は、藩札を発行してますね。多すぎて骨董的価値もないとか。我が家にも何枚かありました。 schmidt さん、コメントをありがとうございました。
Commented by クオリア at 2009-02-06 18:11 x
おとき話楽しく読ましてもらいました。しかし 現代が現実のおときばなしになってしまっています。大変なことですね 天下り宣言したと思ったら取り消し だみ声で化かされて、国民われわれは怒りを忘れてしまったようでもあります。おろおろすばかりです。
Commented by ようこ at 2009-02-06 22:12 x
狸の話は笑えましたが、老後の生活のお金を化かされてしまった方は、まことにお気の毒ですね。

老後の資金は増やそうなどとは思わず、利子がほとんどつかない銀行の定期預金でいいと思うこのごろです。

「定期預金にしておくのはもったいないですよ」と、大手の銀行員に、訪問してファンドを進められたけれど、手数料だけはしっかりとられて、さほどいい話はありませんでした。結局もうかっているのは金融機関だけ、やっぱり定期預金でいいです。
Commented by moai at 2009-02-07 18:14 x
”円天””女相場師”弱者をだます悪い奴がいるもんですね、夕べもニュースを見ながら「こんなやつらてまひまかけず必殺仕事人にやってもらえばいいんだ」と冗談を言っていたところです。しかしよく考えてみれば顔の見えない、もっと悪いのが実はバツも受けずに涼しい顔してどこかにのさばっているんですね。この責任をとい、世の中を良くする”必殺仕事人”こそいま必要とされています。金融工学?工学者のはしくれとしてこんな言葉使ってほしくないですね。
Commented by watari41 at 2009-02-07 18:37 x
 狸を飼育していた人が現実に存在してました。また多くの土地を手に入れたことも確かなんです。(多少の脚色あり)現在は地主の方と血縁関係を結び、どちらがどちらやらわからなくなってはおりますが。そんなことを知るのも我々の年代が最後のようです。クオリアさんコメントをありがとうございます。

ようこさん、海外旅行中でもあるのかと思っておりましたが、このコメントは日本でのものですよね。郵便局の投資信託はどうなっているのかと思うのです。昔は利子で暮らそうなどと考えていた人もいたようですが、金余りの世の中、元金が減らなければいいとおもうしかないのでしょうね。

moai さん、竹中さんなど、いまだにシャーシャーとテレビに出てきてしゃべっているのですから、あきれかえります。恥を知れといいたいところです。経済学者が工学や技術という言葉をつかうのですからおかしなものです。コメントをありがとうございます。
Commented by michiko at 2009-02-07 21:32 x
世の中にうまい話、汗せず儲かる話は 必ず落とし穴があるようです。
円天とかの出資者で今でも信じ切っている人もいるようです。
洗脳されてしまうのでしょうかねぇ・・・?

Commented by watari41 at 2009-02-08 17:01 x
 日本人は、洗脳されやすいというか化かされやすいのでしょうかね。信じきってしまうところがありますね。振り込め詐欺もそうですね。何なのでしょうか。 michikoさん、コメントをありがとうございます。
by watari41 | 2009-02-06 10:53 | Comments(8)