冬日記/寒風の世情

 私は簡単な日記をつけている。年が明けて三年日記の最終蘭を埋めている。一日分の書く蘭はわずかしかない。それでも余白の多い日がある。退職後の高齢者に、そんなに予定のあるわけはない。最初の一冊目をひっくり返して見ることも、ほとんどない。今年書き終えると、この冊子もお蔵入りになるのだろう。では何故書いているのかとなる。何とはない不安感があるのだ。昨日のこともよく憶えていないことがある。

 書くのが面倒だという友人は、新聞の切抜きを貼り付けている。それをめくると世の移り変わりがわかる。この方が客観性があるのかもしれない。

 ブログにはハンドルネームを付けているが、読む人にはもう私という個人が特定されているので、あまり意味をなさなくなった。数日に一度づつ更新しているので、これを不定期日記としてもかまわないのだが、どうしても構えた内容になってしまう。

 冬の日は窓から差し込む光が長い。食卓と机を兼ねたテーブルの奥まで日が差し込む。南面のガラスを通しているので暖かい。つい居眠りのでることもある。
 団塊の世代をやや上回る我々の日常は、誰しもこんなことなのだろうと思っている。なかには多彩な趣味のある人、農業の真似をはじめる人などいろいろといるが大方はぼんやりとした日々が多いのだろう。

 しかし、現実世界は激しく揺れ動いている。我々は、もはや為すすべなくそれを眺めているしかないが、非人道的なことが容赦なく行われている。帰るところもなくなった人達が街にあふれ食事の施しを受けている。こんな光景を見ようとは思わなかった。
 60年前の敗戦後の日本は外地より数百万人もの人々を、当時の農村が引き受けた。現在でもほとんどの人には実家が存在するはずだ。そこに帰れないほどに家族関係が薄くなってしまった。孤立する人々が冬の空をみている。我々は何かを間違えたのだ。結果責任というのはだれにでもある。政府は二万円を配ろうとしている。我々は受け取る側なのだ。これまたおかしなことだ。
[PR]
Commented by カメチャン at 2009-01-07 19:25 x
今回の定額給付金なんてのは全くおかしいですね。土台考えのスケールが小さすぎると思います。今の政治状況からみたら雇用問題に集中して使うべきです。麻生さんの言い方もコロコロ変わって無様な感じがします。この前までは高額所得者は遠慮すべきとか言っていたが、今日は誰でも等しくもらって消費に回すべきだとか  何を言っているのでしょう。政権末期の様相を呈してきましたね。”国民は衆愚であり、金を少しでもばらまいておけば投票してくれるだろう”なんて気持がベースにあってこのようなことをやるなんてことはまさかないでしょうね。たのんまっせ!
Commented by michiko at 2009-01-08 06:11 x
年末年始を派遣村で過ごす人達には帰る故郷の両親、兄弟、頼る知り合いも無いのですね。家族の繋がりも無くなってしまった現代社会・・・。昔の日本人はもっと助け合って暮らしていたのですが・・・。
Commented by ようこ at 2009-01-08 07:26 x
3年日記に挫折して、10年日記にも挫折しました。今は卓上カレンダーに予定のみを書き込んでいます。
定額給付金はやめて、解雇された人たちに役立つことに使って欲しい。
たとえば、使われてない農地を再生してそこで農業を始めるとか、介護士を育てるためとか。
Commented by クオリア at 2009-01-08 10:24 x
世の中ドーなってしまうのでしょうか 考えないことが良いかも知れませんが新聞もTVも悲惨なニュースが当たり前になってきましたし考えてしまいます。
散歩中に時代を担う小学生から「こんにちは」と声をかけられことが心の清涼剤になっています。 
Commented by schmidt at 2009-01-08 11:48 x
>帰るところもなくなった人達が街にあふれ食事の施しを受けている。こんな光景を見ようとは思わなかった。

 全くその通りです。アメリカでは日常的に繰り広げられてきた光景ですが、日本はそうはならないと思い込んできました。「我々は何かを間違えたのだ」。全くその通りです。
Commented by watari41 at 2009-01-08 16:03 x
 最後のところは思わず力が入ってしまいました。皆さんコメントをありがとうございます。

カメチャンが嘆く如く、まったく情けないことですね。2兆円もあったら、何かまとまったことができるはずです。麻生さんには残念ながら政治家としての信念がないようですね。近代国家がこんなバラマキをやるとは何とも恥ずかしいことです。

michiko さん、現代社会は家族と言う関係が昔とはまったくちがうんですね。わずかな期間におかしな日本になってしまいました。

ようこさんも日記に挫折しましたか。私も日記は退職後のことなんです。お金は有効に使ってほしいものですね。

クオリアさん、子供から声をかけられるのはうれしいですね。私も散歩中に子供の見守りというのを小学校から頼まれているんです。

schmidt さん、何らの落ち度もない正常な大人が災害者みたいに、そんな施しを受けるとは考えられないことです。民間人がやっていて役所がそれをひややかに眺めているという構図が土台おかしい。
Commented by moai at 2009-01-09 10:31 x
”帰るところもなくなった人達が街にあふれ食事の施しを受けている。こんな光景を見ようとは思わなかった。”
まさに同感です。100年に一度の不況と言いながらマスコミは同じ調子で不況感をあおるだけ、政治は相変わらず政局論争、歴史的局面にあるのならもっとマスコミも政治家もその立場で国民に呼びかける何かがあっていいのではと思いますね。
Commented by watari41 at 2009-01-09 17:35
均質民族だとされる日本人。現金を170円しか持たない58歳の男をテレビでみて、何ともむなしくなりました。120円で一晩をコーヒーショップで過ごしたとか、しかし東京の区が率先して、生活保護という救助の手を打ったようで、いいニュースをみました。moai さん、コメントをありがとうございました。
by watari41 | 2009-01-07 16:59 | Comments(8)