オリンピック

 トリノが終わった。個々の競技もさることながら、最近のオリンピックでは夏・冬を問わず、マスゲームというか開会・閉会式でのショーが最大の見ものだと思っている。またこれを楽しみにしている。
 このところは国家の威信をかけたともいうべき、大掛かりで華やかものになっている。まさに「地上最大のショー」ともいうべきものだと思う。これを見ずしてオリンピックを見たということなかれというような感じまでしている。開会式の聖火の点火にはドギモを抜かれた。閉会式もきれいだった。世界の人が見ているのでイタリアもそれなり以上の趣向をこらし、巨額の費用をかけたのであろう。

 いつの頃からこんなことになったのだろうかと思う。素朴なスポーツイベントがいつのまにか世界的なショーになった。オリンピックは国家的な契機になることが多く東京がそうだったように、北京が中国の近代化をこれにかけているようである。オリンピックはそれなりの意味をもってはいるようだ。
 政治とは無縁であるというタテマエながら、いつの時代にもそうではなく利用され続けてきたと思う。ヒットラーをはじめ米ソ冷戦時代の選手ボイコット合戦など、これからもこんなことがあるのだろう。今後は対イスラム圏とのトラブルが多くなるのではなかろうかと思う。

 日本は惨敗だった。荒川選手の「金」は、大会関係者にとってまさに「値千金」ともいうべきで、これがなかったら救いようがなかったであろう。仙台の出身者であることが何とも嬉しい。

 オリンピックの金メダルは、世界最高峰のものだが、そうでないものがある。野球のメダル価値は低い。メジャーリーグには一顧だにされてもいない。何しろワールドシリーズなのだから、その以上のものはありえない。これからもそうであろう。これもU.Sスタンダードみたいだが、そうではなくてオリンピックの方がおかしいのである。
 アマチュアリズムの権化が、いつの間にかプロも入り込んで、今や何がなんだかわけのわからないものになってしまった。
 フイギュアの行き着く先がアイスショーであるように、オリンピックもスポーツというよりも、ショーの要素がますます強くなっていくのだと思う。
[PR]
Commented by akiyama at 2006-02-27 10:23 x
トリノ・オリンピックの感想文に頷くことしきりです。
いつごろから、世界的に派手になったかは見解さまざまでしょうが、私の記憶では、第2次大戦前の「ベルリン大会」だと思います。ヒトラーが国威の威信にかけて、世界に先駆けていた映画技術を駆使して「民族の祭典」「美の祭典」というオリンピック記録映画をつくりました。私も見ました。
当時の世界の映画技術の最先端でした。
戦後は、映画技術もスポーツ理論も器具の材質(棒高跳びの竹が。アイススケートの高品質に。水着がイルカの)など改造され経済成長と科学技術昂進と比例して現在の姿になりました。祝宴の花火は華麗ですが…
ともあれ、北京大会までアジアで戦争火花が起きないことを祈る私です。
Commented by watari41 at 2006-02-28 20:36
 選手が続々と帰途についており、成田に到着してますが、荒川選手の金メダルがなかったら、テレビ局も報道のポイントがなくなってしまい惨憺たるものではなかったかと思い、改めてメダルの重さを知ったのだろうと思います。
akiyama さん、コメントをありがとうございます。
Commented by michiko at 2006-02-28 23:12 x
中国はオリンピックまでだよ云われていますよね。その後が恐いとまで・・・。国力を世界に示すことがオリンピックとなってしまっているのですネ。
Commented by watari41 at 2006-03-01 07:03
 スポーツイベントが国家行事になり、それで弾みをつけたのが日本と韓国でしたが、中国はどうなるのでしょうかね。それでポシャットなってしまうのでは困りますね。計画経済から市場経済みたいになってきているので、簡単には予測ができないのでしょうが、どうなるのか見ものですね。 michiko さん、コメントをありがとうございました。
by watari41 | 2006-02-27 08:44 | Comments(4)