解散

 首相には、自分に都合の良い時に衆議院を解散する権力がある。
 逆に都合の悪くなった時にも、その権力を使うことができる。

 先にイギリスでメイ首相が就任直後に解散を実行し、大勝すると思われたが、予測通りにはゆかなかった。ドイツでもそんなことがあった。
 今回の安倍さんはどんなことになるのだろうか。もちろん勝てる時期だとして、今を選んだのである。ご自分のスキャンダルめいたこともご破算になると見込んでいる。

 民進党がゴタゴタしている虚を突いたのだろうが、前原党首は小池さんに全てをあずけてしまう捨て身の戦法に出た。
 民進党の前身は社会党であるが、半世紀以上も前からその体質が変化していないように思える。当時は右派社会党と左派社会党という2つの政党が存在した。浅沼稲次郎さんとか佐々木更三さんなどが活躍した時代でもある。
 先の民進党党首選挙で、前原さんと枝野さんが争ったのも、両者の話を聞くと、昔の右派、左派の対立をそのまま持ち込んでいるかのように思えた。
 人間の考えることは、そんなには変化するものでは無いものだとも再認識させられた。

 今回選挙での台風の目になるのが小池さんになってしまったかの感がある。
 アナウンサーから選挙に出た時に、小沢一郎さんが女性最初の首相になる人だと持ち上げた。そんな感覚を与えたのかもしれない。政治的な動きの得意な人でもある。

 前の都知事だった石原さんは、小池さんの車の後押しみたいな発言をした。「年増の厚化粧をしたホステス」ではなかったろうか。これで女性群は一挙に小池支持となった。

 もともと日本人は流行に乗りやすい。かつては土井たか子さんブームというのもあった。
 自民党に飽き足らないが仕方なく投票している保守系人というのもかなりいる。小泉さんブームも、自民党をブチコワスという発言が受けたのである。小池さんも同様なことで短い選挙期間の話題をさらうのであろう。
 

[PR]
by watari41 | 2017-09-29 15:18 | Comments(0)