千話

 やや不正確なカウントながら、このブログも一区切りの千話を迎える。
 2004年5月に始まっているので12年間である。
 きっかけは、退職後に入会させてもらった「シニアネット仙台」で、同会の立ち上げ人でもある当時のハンドル名shumidさんから、パソコンでこんなこともできるのですよと紹介していただいたのが最初である。
 それなら私にも出来そうだと軽い気持ちで始まった。こんなに長く続くとは思わなかった。
 口の悪い後輩は、よくも下らない話を延々とやってますねと、その通りなのかもしれない。
 ただ個人的には、大概のことは3日坊主みたいに終わる小生にしては、何らの社会的意義もないことだが、晩年に至りよくやったということだろう。
 土俵を無料で提供してもらっているexite社には感謝申し上げるしかない。途中でプログラム変更などで、当初の頃の写真や動画で失われたものもあるが、テキストは残っている。一人相撲を取っているようなものだ。振り返れば間違いや、勘違いも多くあるが、そのままに残しておくとしよう。
 本来ならジャンル別にきちんと整理しておくべきなのだろうが、これまた生来の適当さでバラバラである。世界中に公開されているはずだが、読んでいる人などは当然ながら極めて少ない。時の話題などになるとおびただしい数の訪問を受けるが、普段は静寂そのものである。

 在職中や退職後のあれこれが詰まっている。全てを吐き出してしまった感もあるが、まだ若干の何がしかが残っているのかもしれない。
 後期高齢者のいろんな書類な来ている。健康保険料が大幅に安くなるので、これは長生きした甲斐があったのかもしれない。まもなく高齢者運転講習の2回目が来る。脳のMRIはそれなりに白質化が進んでますと診断された。町内の区長職も一年半、それなりにトラブルも収まってきた。これだけは年の功というべきなのだろう。

[PR]
Commented by ようこ at 2016-07-31 20:40 x
千話達成おめでとうございます。
ひとつのブログを長く続けるのは記録としての価値が上がります。
コメントを書いていたら、雨が降り出しました。本の置いてある窓は閉めないと。
Commented by watari41 at 2016-07-31 21:05
記録なら価値があるのでしょうが、単なる戯言にしか過ぎません。ようこさんをはじめ。当時の皆さまにはお世話になりました。ブログの会というのがありましたね。
by watari41 | 2016-07-21 20:56 | Comments(2)