人気ブログランキング | 話題のタグを見る

続:志賀博士のこと

 志賀博士は、赤痢菌の発見のみならず、「郷土史」の分野でも大きな足跡を残されている。(郷土史愛好者の一人である私には興味深い)
 昭和10年、博士が66歳の時に「戊辰記事」を個人で発刊されている。
 内容は、実父である佐藤信が仙台藩の大番士で若年寄御物書を務め、明治維新時の戊辰戦争にも相馬口に出陣されている。当時の記録やさらには現代で言う「聞き書き」みたいなことをされており、当時各方面で参戦したご自身を含め14名の方々から、それぞれに当時の思い出や当人の持っている記録などを書き写し膨大な原稿を所持していて、維新後の伊達家当主である邦宗公よりも出版を勧められていたが、果たせずに明治38年に実父は亡くなってしまう。
 博士は志賀家に養子に出たとはいえ、父親がやり残したことを果たそうとしたのである。博士は最後の公職であった京城大学総長(現在の韓国ソウル)を終えると日本に帰国し父親の膨大な史料に取り組んだのである。
 博士は前書きで実父は、文武の道に励み、居常厳格、武士の鍛練に怠らずとあり、尊敬すべき父親だったのである。その父が丹精込めたものを世に出すのは子の勤めだとしている。
 しかし維新当時より、かなりの年月を経ており今更世に出す益はあろうかと思うが幕末時の忠誠心や人心の機微などは後世に伝える価値がると考えられたのだ。
 「聞き書き」は明治20年前後のものが多い。話す方々は天保年間に生まれた人たちで、戊辰戦争当時は30才前後である。父親も天保8年生まれで31歳であった。

 本は、前編100頁と後編124頁とに分けて編纂されている。前編は伊達家公文書関連のもので、後編は「聞き書き」で父親自身が編纂されている。これを10巻の史料として邦宗公に提出した時に出版も勧められたのであろう。
 後に邦宗公はご自身で伊達家の各種資料を出版されているが、これはそのうちの一つでもあろう。
 後編は、14名の方々の聞き取りと各々の保管する記録文書である。
 私が読んで面白かったのは、当時の藩士にも要領が良くて、下級藩士の中には恩を仇で返すようなことをして、尚且つ適当なことを重役に上申して作戦を誤らせ敗戦の一因を作ったような人が、維新後に県会議長や銀行頭取になっているのをみると憤慨に耐えないと言っていることだ。明治20年頃の聞き取りだが、この男はその後、貴族院の勅撰議員になっている。賊軍とされた仙台藩のそれも下級武士が考えられないことである。(博士が出版した時点では当然そんなことも知っていただろう)
 太平洋戦争でも同じような軍人がいたと聞いているが、何時の世も変わらない。

 現在、私が手にしている本書は平成17年に復刻したもので、昭和十年に博士が最初に出版されたものを、そのまま博士の次男である亮さんが中心となり復刻部数200部を34万円で印刷された中の一冊である。面白いのは博士自筆の書き込みが随所にあることだ。博士自身が所有していたものをそのまま復刻印刷したのである。

# by watari41 | 2023-02-03 14:21 | Comments(0)

江戸の旗本(後)

 江戸城内で行政を取りしきる仕組みは現代の中央官庁と同様だが大きく異なるのは、「大奥」があることだった。代々の徳川将軍は世継ぎを産むことに苦労していたから大奥は肥大化していった。3千人もの女性を抱えていた江戸後期に修富は、その係を務めていた。
 もちろん大奥の中に入る事は出来ないから、出入り口の番である。
 時は11代将軍家斉の時代である。
 子供は無くても困るが、多すぎるのも困る。家斉は正式に認定されている男女の庶子が50名以上もいた。これは将軍お手付きとされている女性の子供に限定される。
 それ以外の女性が産むと、産んだ子供と共に母親も一緒に江戸城から追放されてしまう。大概の母子は悲惨なことになったようだ。
 修富は、その役目でもあった。一件を処理するごとに、それなりの手当が出される。これらを合計すれば家斉将軍は百名以上を産んだことになろう。

 川村修富は、真面目一方で勤め上げたが、それだけでは経済が回らないのは現代も同じで、遊興で財産を失う旗本もいる。
 修富は百坪の屋敷を持つに至ったが、それをさらに5百坪を持っていた別の旗本と等価交換したと記されている。いずれも一等地だったので差の4百坪分の金額を修富は支払ったことになる。当時のしきたりとして黙認されていたことらしい。没落した旗本の名誉のために「等価」とされた。

 さらに修富は、中級旗本格になったので必需品として鎧兜一式をもっていなけばならない。先祖代々の旗本はそれなりのものがあるが、新品を揃えなければならなくなった。300両(現代なら3千万円)を出費している。
 しかし修富の息子は親のお陰で、最初の役職が比較的高位から出発できた。頭のよかったこともあり。新潟奉行や長崎奉行まで進んだ。

 この本が出版された1980年には、修富の玄孫になる方が生きており、記録類の一切をゆかりのあった新潟歴史資料館に寄贈したそうである。


# by watari41 | 2023-01-25 12:47 | Comments(0)

江戸の旗本(中)

 幕臣とは、現代に於ける国家公務員の如きものとされる。但し世襲制である。
大身の旗本は、さしずめキャリア組ということになろう。江戸城そのものが中央官庁に相当している。その制度やしきたりなどは既に200年以上も前に出来上がっているということである。

 川村修富は18歳で分家として取り上げられ最低限の俸給(十人扶持:十名が年間に食える米)を与えられる。これはいわば基本給に相当する。これだけで妻子をもって生活するのはかなり厳しいようだ。
 その他に役職を得て仕事をすると頂戴物がある。例えば矢当ての行事があると、その当て板の準備などをすることで、金額にすると現在なら5千円程度のお手当支給みたいなものである。
 それらのお手当金額を事細かに記録しているのである。さらに現在の賞与(ボーナス)に当たるものもこの時代には確立している。夏には現物で着物などが支給される。冬は現金である。しかし子供が産まれ、病気などに罹ったり、娘の嫁入りなど生活費に困り借金をすることになる。これも今の公務員共済制度みたいなものがあったようだ。十両(今の金額で百万円)を2度に渡り借り入れしていて、利息を含めて十年で返済している。

 段々と役職が上がると頂戴物も多くなった。賄いの担当になった時には、上京して将軍にお目通りする大名から、その土地の名産品やお金をいただくこともある。これは、将軍との会食に当たり料理をよろしくという意味らしく、ずっと続けられてきた習慣のようだ。
 将軍正室の用人になったときは、正室がいらないものはすべて頂戴物になったということで、保管するため川村修富は自宅に蔵まで建てるようになった。
(現代の高級役人にもそんなことがあると聞いたことがある)

# by watari41 | 2023-01-19 22:28 | Comments(0)

江戸の旗本(前)

 1991年に出版されたもので、当時既に話題になっていた本だが読みはぐれていた。たまたま、最近の古本市で見つけたので紹介したい。
「旗本の経済学」著者:小松重男、発行:新潮社である。「旗本退屈男」とか物語の面白いものは数多くあるが、これは一人の旗本の58年間に渡る実録で本人自筆の貴重なものである。副題は「御庭番川村修富の手留帳」である。

 川村修富は1761年(宝暦11年)に下級旗本の次男として産まれた。当時は貧乏旗本の次男坊は悲惨だったとされる。生涯を兄に面倒をみてもらうことになる。兄が亡くなるとその長男に厄介になるというみじめな一生を送るものが多かったとされる。運がよければ同格旗本の婿養子になる程度だった。
 彼も子供の頃は、そんな一生を考えていたのかもしれない。手先が器用だったこともあり、家の雑用などをこまめにこなしていて兄嫁から褒められていた。
 そんな中で17才の時にとんでもない僥倖が訪れる。新規に旗本として召し抱えられると兄から伝えられた。江戸城の役職に空きが出たのかもしれない。
 修富は分家することが出来ると同時に嫁さんをもらうことができたのである。
 役目は「御庭番」である。名称からすると江戸城に出入りする植木屋などの管理人などのようだが、本業は「密偵」スパイなのである。
 8代目将軍「吉宗」の時代に創設された。命令されれば全国の各藩にそれとなく忍び込み、藩内の状況をレポートして老中に提出する。しかし修富には、その才能がなかったらしく一回のみ、その役目を果たしたことがあるが報告書が評価されず、それのみで終わってしまったのだが、生真面目な性格と仕事ぶりが買われて、他の分野で徐々に出世を遂げて高齢まで生存できたこともあって高禄を得るようになる。
 


# by watari41 | 2023-01-12 22:04 | Comments(0)

茶室の復活(4:終)

 現在の坂元領主の末裔当主は伊達宗行さん93歳である。
 仙台にお住まいで、現役の頃は大阪大学教授で「磁性」学の権威として知られ、日本物理学会の会長をされたこともある。明治維新時当主の曽孫になる。

 この一族で現在の最大有名人はサンドウイッチマン「伊達みきお」さんである。
 かつてNHKのファミリーヒストリーで、ご本人が紹介されていたことがある。一族を代表してであろう伊達宗行さんがコメントしていた。伊達政宗公は天下を取り損ねたが、彼はお笑いで天下を取ったと。
 今や、ゴールデンタイムに彼らの出ない日は無いっと言っても過言でないだろう。
 「伊達みきお」さんの父親が、先日の地元紙である河北新報に大きく紹介されていた。仙台の黒松団地の町内会長をされている。現役時代は地元の大手銀行に勤務されていた。
 明治以降に一族の方々は多彩な活動をされている。東京都世田谷区に日幸電機を作り上げた人もいる。戦時中には疎開工場として亘理町に製造現場を持ってきたりしていた。また山元町の町長になった方もいる。
 この一族のルーツは、はるか室町時代に遡り伊達本家より分家して現在の福島県伊達郡柳川の大條に居を構えたので、ずっと明治まで大條氏を名乗っていたが、明治維新後に直系に限り伊達氏を名乗る事をゆるされたという。
 「伊達みきお」さんは、芸名としての伊達なのである。

 さて、茶室であるが伊達宗行さんが相続されているので、私有物なのではあるが、復興の機運が高まってきているので、町に寄贈されたのである。
 文化財なので、古い材料はそのまま残しておこなう修復作業となるので、新築する場合よりも多額の金額を要するようだ。また周辺整備事業などにも多大の費用を必要とする。しかし見るべきもののないこの地区にとっては大きな目玉ともなるはずだ。
だが、資金の捻出が最大の課題である。

# by watari41 | 2023-01-05 16:59 | Comments(0)