<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鯨と米国

 アメリカ繁栄の礎を築いたのは、意外にも捕鯨だったというのである。
 もちろん鯨肉を食べたわけではない。マッコウクジラの「鯨油」である。頭が特殊な形をしているが、そこに沢山の油が詰まっているようだ。
 19世紀中頃の産業機械が大量の油を必要とした。アメリカは世界中のマッコウクジラを取りまくった。ペリー艦隊が日本に来たあたりが最盛期だったようだ。年間の捕獲数が百万頭ともいわれ、絶滅寸前までいったのだという。
 そうなると、マッコウクジラが少ないのだから船を出しても採算が合わずに当然のことながら捕鯨は中止になった。
 丁度、その頃に油田が発見されて、鯨油は必要とされなくなった。

 ジョン万次郎が、嵐に遭い漂流の末に絶海の孤島に流れ着き、アメリカ捕鯨船に発見され救い出されたのも、当時のアメリカは世界中に捕鯨船を出していたからである。

 歴史上タイミングがよかったとされる日本の開国も、アメリカ捕鯨船の補給基地を日本に求めたからに他ならない。

 日本にも、もちろん近海捕鯨が江戸時代より盛んになるが、漁師の人力によるものである。一頭が捕獲できれば頭から尾びれまで、余すところなく利用された。
 捨てるという概念がない。何かに利用できないだろうかと考えるのが日本人である。

 牛タンもそんなことだった。仙台が意外なことで有名になっている。先日一番丁三越の近くを歩いていたら、田舎から出て来たようなオバサンに声をかけられた。このあたりに牛タンで有名な利休庵はどこでしょうかと尋ねられた。私も名前は聞いたことがあるが、田舎から出てきているのでわからないんですと答えてしまった。

 昼食の時間だったので、近くの一杯飯屋に入ったらサラリーマンで込んでいた。棚にある焼き魚と野菜、それにドンブリご飯で500円だった。
 50年前だと沢山の鯨肉も並んでいたはずだ。今の世の捕鯨反対をアメリカは歴史的経緯からそんなには叫んでいない。

[PR]
by watari41 | 2017-04-22 16:33 | Comments(0)

「蜜蜂と遠雷」

 「直木賞」と「本屋大賞」を同時に受賞することになった極めて珍しい小説が「恩田睦」作、「蜜蜂と遠雷」である。
 50万部が売れたそうだ。日本人の200人に一人が買ったことになる。
 
 「直木賞」は小説のプロが選んだものである。これぞ小説であるというものだ。過去には難解なものも結構多かった。
 「本屋大賞」は素人が選ぶ、お客さんに勧めたい、読んで面白いものである。隠れた名品を選ぶ目的もあったようだ。しかし、本屋大賞の方が断然売れ行きも良くて権威あるが如きものになってきている。この賞をいただくのに、全国の本屋さんに猛烈にアタックしたという噂の本もあった。その本は運動をした効果もあったのだろうが目的通りに賞を得た。題名につられ読んでみたが、ビジネス関連の内容なのでそれなりに面白かった。

 今回の如く両賞を同時受賞というのは小説に関しては、専門家と素人の距離が急速に近づいてきているのかとも思う。
 現代は書籍で溢れかえっている。
 小生なども、限られた時間しかないので何を読んだらよいのかわからない。自分が興味のある分野の他に「賞」をいただいたものというのも読む基準になる。全国の皆さんも似たようなものではなかろうか。

 今回のダブル受賞作「蜜蜂と遠雷」は直木賞の時点で購入した。内容が実にすばらしいのである。全編から音楽があふれ出している本だともいえる。正直にいうと私は音楽のわからない男である。カラオケで歌うと音程がはずれているのがわかる、いわば音痴に近い。しかし耳ではなく目から入る音楽は理解ができる。
 「直木賞」が先に決まっているので、当然ながら本屋さんの人達も読んでいるはずだ。普通なら違う作品を選ぶようだが、それらを乗り越えて選択された。
 素人から専門家にまで激賞されたということになる。ピアノ音楽を表す驚くべき表現がいくつも出て来る。「胸の奥底の小さなポケットが共鳴する」(記憶が不確かです)とか。
 究極の音楽を文章で表す、文字を音符とする音楽ではなくて文学なのである。

 

[PR]
by watari41 | 2017-04-17 17:21 | Comments(0)

東芝の破綻

 「想定外」というのは、自然界だけではなくて人間界にも起きる。
東芝が破綻するなどとは誰も考えたことが無かったに違いない。シャープの時もそうだった。日本航空の時だって想定外の出来事だった。

 織物などと同じように、一端のほころびがでると、瞬く間に何も無くなってしまうことがある。
 だが東芝に幸いなのは、フラッシュメモリーという巨大な資産が残っていた。総額2兆円ともされる。この製品がUSBメモリーとして世に出た時は驚いたものだ。フロッピイーディスクはたちまちにして駆逐された。
 最初の発明者は舛岡さんという筆者などと同世代の人である。この人は発明をさらに発展させたかったようだが、当時の東芝では煙たがられたようで、50才の頃に棚上げの昇格人事を嫌って退職した。その後に東北大学教授などとして研究を続けていたことはよく知られている。東芝はそのメモリーの売り上げを伸ばしたので、後に特許料を請求する裁判を起こして1億円近いものを得たのも話題になった。舛岡さんの如き二匹目のドジョウを狙ったのであろう。東芝ではその後、東北大の学生を積極的に採用するようになったという話がある。

 現在の時価である2兆円などとは想定外であったろう。舛岡さんは年令を重ねるにつれ各種の勲章をもらっているが、発明の大きさからするとまだまだ少ないようだ。
 何よりも東芝を救うことになるかもしれない巨額である。

 その売却先も間もなく明らかになるであろうが、今度は国家の安全保障という想定外の難問が待ち受けているかもしれない。
 ずっと昔のことになるが、潜水艦のスクリューで東芝がやり玉に上がったことを記憶されている方も多いと思う。あまりにも精密な工作機械がソ連に輸出され、スクリュー音の出ない潜水艦が出来て、大問題になり就任したばかりの社長が責任を取らざるを得なかったことがある。いろんなことで記憶される会社である。

[PR]
by watari41 | 2017-04-02 21:11 | Comments(0)