<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

政治力

 籠池学園騒動は何から何まで全てがおかしい。現代社会では、有り得ないと思われていたことが目の前にある。毎日、面白おかしく取り上げられている。
 「政治力」ということを再認識させられた事件である。最初の告発者がいなければ、メディアにも知られることなく開校の運びとなったのであろう。
 事があまりにも大きくなってしまえば、安倍内閣そのものが倒れてしまうということで、シッポ切りという表現を使ったのであろう。
 籠池さんという表現力のあるキャラクターがマスコミ好みなのでもあろう。最初の段階で10日間はおとなしくしててほしいと財務省に言われたそうであるが、そのぐらいの期間をおけば世の中は沈静化すると思われたのだろう。甘すぎた。

 「東」では小池さんの一人舞台だが、「西」では籠池さんと無礼者の鴻池さんと2人の主役。
いずれも「池」の人である。
 せめて湖、できるなら海であってほしい。余計なことである。

 典型的な政治力が働いたと思ったのが、ずっと前のことになるが佐川急便事件というのがあった。その発端が、法規上建築物が建てられない地域のところであった、関東のとあるインターチェンジ付近に佐川の巨大な物流センターができた。その後に、法規を調べたら、そこに例外規則のように、建物OKの文言が巧妙に付け加えられていたというのである。その時点ではあまり騒がれなかった。
 そのご、佐川事件は別の形でどんどん拡大し、当時の渡辺社長が紙袋に入った4千万円を金丸さんに渡したことや、暴力団が絡んだことで大事件となった。金丸さんの自宅捜索が行われて金の延べ板まで出てくる有名な話になった。金丸さんの話が面白かった「私のような立場になるとお金が集まってくるんですね」と平然と発言していたのには驚いた。

 最近はお金よりも、学校建設などむしろ思想関連に政治力が働く時代になりつつあるのだろう。小学校建設に関連政治家各位の暗黙の了解があったのだろう。

[PR]
by watari41 | 2017-03-16 11:25 | Comments(2)

あれから6年

 6年間というのは、長いようで過ぎてみると短いような気もする。
 漁港近くに住んでいた同級生K君は、介護度5の判定を受けて施設に入った。

 その時、2013.3.11には、彼は奥さんと出かけていて津波を見ていない。自宅は根こそぎ流され、跡かたもなくなった。実感が持てないんだよと何度も言っていた。街中の親戚の好意があって、避難所も仮設住宅も殆ど経験することなく、その点は幸運であった。

 だがショックは大きかったのだと思う。1年ほどが過ぎて軽い脳梗塞に罹った。治ったものの認知症ぎみとなってしまったのである。
 以降、ほとんど外出もしなくなってしまい昨年容態が悪化して、最悪の介護状態に至ってしまったのである。
 年令に不足はない歳といえばそうであるが、10年は早かったように思う。

 今年も追悼式典への案内状がきている。
 「震災格差」ともいうべきものがあるように思っている。もともと存在した格差がさらに拡大した。貧しきものはさらに貧しく。富者はこれを機会にさらに財を増やした人もいる。

 復興が進んでいると言われる。
 新たに開通した高架鉄道線路、駅前に広がる新規な街並み、これから大発展を遂げる東京郊外の私鉄沿線の如き姿で出現したのが宮城県山元町である。残念ながら時代が半世紀ずれてしまった。年寄りの比率がきわめて大きく、この6年間に人口の20%が減じている。

 町が目指している姿とは異なるのだろうが、高齢化社会のモデル地区が出来るのかもしれない期待がある。


[PR]
by watari41 | 2017-03-09 17:37 | Comments(0)

瑕疵担保責任

 石原元東京都知事の記者会見を見ていた。
「瑕疵担保責任」が焦点となっていた。売り手が買い手と契約を交わす場合に、その条項が最後に必ず入るものだ。筆者も在職の頃、何度か経験した。
 東京都が豊洲を購入した時に、売り手である東京ガスに対して、瑕疵担保責任を免責しているのだから、通常は考えられないことをしていた。
 石原さんは、そんな細かいことは知らなかったとおっしゃる。実はそのために東京都は後日、何百億円かを汚染対策に余分に支払う事になる。
 石原さんはメクラ判を押していたようだ。実際の推進者は、前川さんという当時の知事部局長で、議会もこれを承認しており、石原さんは印を押すしかなかったということだ。

 その前川さんは、交渉相手の東京ガスの役員に天下り7年在職する。現在は練馬区長である。偶然のことであるが筆者の購読している農業共済新聞のコラム蘭の最新号(2月28日)に前川さんが寄稿している。「練馬には生きた都市農業がある」と題して、なかなかの政治家である。事前に石原さんは、迷惑のかかる人がいるかもしれないと言ったのは、その事であろう。

 前川さんの釈明はこれからになるのだろうが、当然のことながら、知事から買収交渉を急ぐように催促され、そのようにせざるを得なかったということになるのだろう。

 最終的にどこに責任があるのかわからなくなるのが官庁である。今日の記者会見を見ていて益々その感を深くした。

[PR]
by watari41 | 2017-03-03 17:43 | Comments(0)