<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

淋しき大統領

 朴大統領の実態は何とも哀れである。
 よくぞ今までバレずにきたものである。元側近の暴露がなければ任期満了までいったのであろう。占師に頼り、美容と整形に熱心な普通の中年おばさんであることが世界中にわかられてしまった。韓国民が怒るのは当然のことである。
 信念の強い立派な女性政治家であるとばかり思っていたのは筆者をはじめ世情に疎い人々である。何事も多少は疑ってかかる必要がある。
 20万人のデモは、楽天優勝パレードをみているので実感として理解できるが150万人ともなると想像だにできない。

 国民は騙されやすい。北朝鮮に限ったことではない。民主々義の国家は交代が可能なので多少は救われるところがある。

 以前にこのブログで韓国の悲劇というのを書いた記憶がある。また一つ加わってしまった。
 父親の軍人大統領は、独裁的だと在職中の評判は惨憺たるものであったが、今や英雄に祭り上げられている。現在の韓国繁栄の基礎は彼が築いたとされている。
 最近釜山の一般家庭を訪問した同級生によると、その生活水準はすでに日本を凌駕していると感じてきたというのである。
 筆者が1980年在職の頃に韓国に渡ったことがあったことは、以前に記載していると思うが、朴大統領の出身地は亀尾(クミ)という韓国のやや南部の小さな都市であるが、そこに想像を絶する広大な工業用地を開発していた。見渡す限りの広野にポツンと三星電子の建屋があったのを記憶しているが、今や巨大工業団地なのであろう。

 その父大統領は日本の士官学校を卒業している。同列に例えるのはいかがかと思うが、かつて台湾の総統を務めた李登輝さんは京都大学を卒業されており今も健在である。台湾を繁栄に導いた人と尊敬されている。日本の現状に憂いを持たれ、その精神を取り戻せと言われている。日本も大規模デモが起こってもおかしくない状況になりつつあるように感じている。

[PR]
by watari41 | 2016-11-26 16:45 | Comments(0)

トランプリスク(後編)

 安倍首相が、世界に先駆けてトランプさんにご挨拶に伺ったところでは、信頼のおける方であるとの印象を持ったと話していた。

 選挙中と当選後、どちらが演技なのかよくわからない。

 だが、少なくとも選挙中の人種差別発言は本音であったのだろう。昨夜11月19日深夜のEテレを見ていたら、日本も日系人であっても外国人にたいしては厳しい。人間の本質みたいなのかもしれない。
 さらには「偉大なるアメリカ」も本心であろう。

 かつて、偉大なる「大日本帝国」は、それを維持するために戦争へと突き進まざるを得なかった。そして破滅した。「偉大」なるを唱えたところの末路は厳しい。

 トランプさんは大金持ちなのであるが、貧乏な白人の票を得て当選した。これまた危ういことをしている。貧乏人と金持ちの利害が一致するなどということは有り得るのだろうだか。いずれ両者が衝突するのではなかろうか。

 また、ビジネス世界での成功者が必ずしも政治家であるとは限らない。
 所属する共和党との関係修復も大変なことであろう。身内を補佐官に起用するというのも大丈夫なのだろうか。リスクがあるように思える。

 次の世界覇権を目指す中国との関係も微妙である。独自の宇宙ステーションまで建設して偉大なる中華圏を築こうとしている。
 いずれは何らかの形で衝突するのだろう。北朝鮮には最強硬の手段が予測される。
 小生は世界が不安定化に向かうとみている。素人判断であるが。

[PR]
by watari41 | 2016-11-20 13:56 | Comments(0)

トランプリスク

 とても尋常な方だとは思えないアメリカ大統領が登場した。
 君子豹変ということもあるが、その逆をいっている。当選したら途端に普通の人になったように見える。
 選挙演説は半ば公約みたいなものだろうと思うが、票を取るためなら何をしゃべってもかまわないというようなことは、今後批判の対象になるだろう。
 日本では選挙公約が、票を獲得する手段だが、あまりにも出鱈目だというのでマニフェストという言葉が登場したが、しりすぼみになりつつある。

 トランプさんは、政治的にはおそらく無難にこなすでのであろう。そのあたりのリスクは比較的少ないと考えられる。
 最も高いリスクは大阪府知事だった「横山ノック」的、ふるまいがこれから心配される。
 トランプさんは選挙中も言っていた。こちらが有名人だと女は何でもさせてくれると。これは本音なのだろう。
 大阪のノックさんは、車のなかで女性をもてあそんだことで失脚した。合意の上だというが、そんなことは有り得ないだろう。

 優れた実業家であることに間違いない。大成功を収めた人なのである。
 しかしながら、えてしてこの種の人は女性に手を出したがる。普通の男子も似たようなものであるが多少の理性と、何よりもお金のないことが決定的な違いだ。
 わが田舎町にも、そんな人がいた。とにかく商売上手だった。事業勘が冴えていたのである。残念ながら人望がなかった。仲間とつるんで東南アジアへ頻繁に出かけていた。誰もが想像する旅行だったのだろう。

 トランプリスクがどんな形で表面化するのか、異なる角度からも注目である。
 政治的に世界を変えるリスクは、もちろんあるがそれは富裕者のリスクなのであろう。



[PR]
by watari41 | 2016-11-13 10:18 | Comments(0)

破滅と終末

 我々は、破滅とか終末論が大好きである。
 ノストラダムスの大予言から始まった。今世紀になってからは、マヤ文明が作成した暦が切れるので、それがこの世の終わりでもあるというようなことだった。いずれも外れた。
 科学的な根拠など何も無いのだから外れて当然と言えば当然のことである。
 現代文明を持ったはずの人間も、こんな説に一喜一憂しているのだから面白い。

 世界大恐慌も、最初の予測本がでたのが1988年で、本屋さんで毒々しい文字が躍っていたのを記憶している、あれから30年、リーマンショックなどはあったものの、大恐慌と呼べるほどのものではない。
 日本人の破滅好きは、天災があまりにも多すぎたからではなかろうか。火山の爆発、地震、津波など昔の人は原因がわからないものへの恐怖心はすごいものであったろう。いつかはこの世の終わりが来ると思っていたのいちがいない。そんなDNAを我々は引き継いでいる。

 同じ災害大国なのにイタリア人は陽気にみえる。
 宗教的なものが影響しているのだろうとみている。「ヨハネの黙示録」にはこの世の終わりらしきことが書いてあるが、その時期がはっきりしていない。
 お釈迦様も36億年の将来には、そんなこともあるだろうと言っているようだ。
 今から千年前に日本では末法思想が流行した。疫病や怨霊が大流行したである。その時に大活躍した「聖人」といわれる方々が、今も葬式などに行くと名前を聞く、親鸞さんや日蓮さんである。

 韓国ではどういうわけか、大統領が全員次々と破滅している。李承晩大統領の時代から記憶がある。今度の朴大統領でそんなジンクスも終わりなのだろうと思っていたら、やはり破滅しかけている。そんなことを何かの呪いと呼ぶ人々もいるが、どう考えればいいのだろうか。

 人生には必ず終末が存在するが、それも百を超えると目出度いと言われる。
先日、知人の母親が102才で亡くなった。坊主も目出度いことだとおっしゃる。
法号が「鶴松院賀妙・・大姉」2文字は聞き取れなかった。世の中は様々である。
 

[PR]
by watari41 | 2016-11-05 17:44 | Comments(0)