<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

(続々)戦後71年

 アメリカのバイデン副大統領が「日本国憲法は我々が書いた」というような発言をした。
 トランプさんへの批判演説中に出た言葉であるが問題化した。
 だが今や、そんなことは言われなくても日本人なら誰でも承知している。

 当時のマッカーサーも、日本が独立したら直ぐにでも改定するだろうと考えていたのである。まさかこんな長期間に渡り持ちこたえるなんて、それこそ想定外のことであったろう。

 その原点は、マッカーサーの日本教育改革にあったと考えている。予期せざる効果を得てしまったのである。時の首相、吉田茂さんさえもすっかりマッカーサー信奉者となってしまっていたので、昭和26年の平和条約締結時も、そんな考えは全くなかったにちがいない。

 その後に憲法改正を阻止し続けた政治勢力は、日本社会党等で常に三分の一以上の議席を確保していた。戦後に教育を受けた世代が有権者になっていた。

 そのような政治状況のなかで、日本はあたかも未だアメリカの占領下にあるかの如き状態が続いて現在に至ったことも確かである。そんなこんなのうちに自民党などもいつのまにか4分の3を超えた。
 しからば、新しい憲法を持てるかということになるが、事はそう簡単にはいかない。
 戦後の長い期間の間に、アメリカの世界戦略の一環としてすっかり組み込まれてしまっているので、ジタバタしたところで何ともならないからである。同様な境遇の韓国大統領が中国に擦り寄ってみたが、どうなるものではないことがわかった。

 日本人の戦争に対する考え方は極端にちがう。実際に第一線で戦った人、目の前で戦友を亡くした人、家族を亡くした人、空襲を経験した人など悲惨な目にあった人は当然ながら2度と戦争をしてはならないという信念を抱いている。
 これに対して、政治家や軍の幹部などは必ずしもそうではない。日本を再度強国にしたい。中曽根元首相などは典型的な人だった。戦後日本への考え方が、かくも異なるのである。
 敗戦の責任を感じて、隠棲し清貧に終生したのは宮城県出身の井上成実海軍大将のみであるとされる。その一方で戦後に栄華を極めた軍人も数多い。

 検討中とされる新憲法案が国民投票で可となることは「バイデンさん」の発言などがあっても当分の間はないであろう。

[PR]
by watari41 | 2016-08-30 15:18 | Comments(0)

(続)戦後71年

 日本敗戦から6年間、占領軍マッカーサーが全権を握り、現在に続く戦後日本に決定的な影響を与えていった。
 1972年に発刊された宮城県出身の政治学者袖井 林二郎さんの「マッカーサーの二千日」という著作が大変な話題になった。私も読んだ。2015年には文庫本ともなっている。
 発刊当時は、日・米で公開されている文書のみが調査対象のようだった。

 その後に当時は極秘とされていた日本占領軍とアメリカ政府との往復文書が、すでに秘匿期限を切れていたが、公文書館の地下に埃をかぶったダンボール箱に大量にあったのだという。それを関西の人であるがスタンホード大の留学生だった西鋭夫さんが見つけた。研究成果を1998年に「国破れてマッカーサー」として中央公論に発表し、2005年には文庫本となった。

 生々しい話がたくさんあるが、特に教育改革について、文部省や政府高官が「教育勅語」からの転換に、日本人関係者には戦前からの考え方が染み込んでいて、陰に陽に抵抗というか反対をしたのであるが、占領軍はそれらの人物を排除して「民主的」とされる教育体制を作り上げ、私などが小・中学校で習ったようなこととなったのである。

 この結果「日本人の誇り」みたいなものも、徹底的に破壊しようというもくろみもあり、これにも成功しているのである。

 日本歴史を嫌ったのである。神話を交えたことを歴史として教育したことが戦争につながったという認識が占領軍にあったのだ。「神国日本」がいけなかったというのである。

 歴史軽視の教育が、数年前に明るみに出た。入試に関連の無い歴史を省いた高校教育だった。慌てて補習授業などをしていたニュースが記憶に新しい。歴史を軽視せよ、とまではマッカーサーは言っていないはずだが、過剰反応があったのだ。

 我々は終戦後に一夜にして、人々の価値観が転換したように思っているが、そんな人もいたのだろうが、全てがそのようなことではなかった。従えない教員には、辞職勧告が出され大量の教員が辞めたとされる。現在だって戦前に回帰しようという方々はいる。
 終戦後の数年間は、現代歴史の暗闇とされる。何があったのかを確たるものとしていただきたいものだ。

[PR]
by watari41 | 2016-08-22 20:28 | Comments(0)

戦後71年

 既に人間の一生に匹敵する時間を経過しているが、今も戦争の事実はこうでしたという記録や真実の発見が続いている。
 先日のNHKで、米国大統領になったばかりのトルーマンが、原爆投下を言いつくろうとして演説草稿にはなかった。「これで米兵50万人の命を救った」というアドリブが独り歩きをして、今なお原爆投下の正当性として多くの米国人は信じているのである。

 1941年の真珠湾攻撃をルーズベルト大統領が知っていたのか否かという議論が何十年か続いてきたことを記憶している。
 今になってみると、そんなレベルの話ではなく、日本の暗号は全て解読されており、日本政府、軍隊の動きは筒抜けだったのである。
 当時のアメリカ国民には厭戦気分が横溢しており、日本との同盟関係にあるドイツと戦い、苦戦していたイギリスのチャーチル首相から、アメリカ大統領へ参戦の催促を繰り返し受けていた。
 ルーズベルト大統領としては、アメリカ国民の厭戦気分を劇的に変化させうる戦略を練っていたのである。
 当時、日中戦争を拡大させていた日本への石油供給停止を通告した。困った日本は米国への戦いを挑むしかなくなった。奇襲攻撃することも筒抜けだった。
 さらに、アメリカにある大使館が宣戦布告の公式文書にするのに手間取り、真珠湾への攻撃時間の後になった。「だまし討ち」とする宣伝効果に使われた。
 当然ながら、アメリカ政府はその暗号電報を解読しており、日本大使館からの連絡を待っている状態にあった。事務処理に手間取った日本は、敵国米国に思わざる宣伝材料を与えてしまったことになる。
 米国民には憎し日本の感情が沸き立った。ルーズベルト大統領が演説しそれを煽ったのである。劇場型政治家の先駆けを成すものだった。
 念がいったことに、ハワイ軍司令官のキンメル将軍を職務怠慢で軍法会議にかけたのである。将軍からすれば何故教えてくれなかのかということになるが、ハワイの軍艦を守るのは司令官にありといわれればぐうの音がでない。
 ルーズベルト大統領は稀代の政治家だったということになる。


[PR]
by watari41 | 2016-08-15 12:55 | Comments(0)

後期高齢者

 75歳になるといろんなことが変わる。良いこともあれば悪いこともある。
役場よりの通知をいただいた。
 良いことから書くとしよう。国民健康保険税が大幅に安くなるみたいだ。大都市だと所得に比例して決まるが、田舎町ではそんなことでは皆さんが少額になってしまうので、たくさん徴税されるようになっている。最高限度額が54万円だった。
 後期高齢者になると県単位で一本化されるので、限度額は19万円というお知らせである。
 実現されれば嬉しいことである。

 やっかいなのは、運転免許証の更新に、めんどうな講習があったり、認知症のテストみたいなものまである。各種の検査データは老化が確実に進んでいることを示している。
 数日前に受けてきた。
 ペーパーテストは何とか合格。しかし以下は惨憺たる数字だった。
 動体視力が30km/Hで、何と0.2しかない。
 暗がりから、瞳孔が周囲の明るさに慣れるまでに61秒間。若い人なら10秒程度らしい。おまけに上下の視野がかなり狭くなっている。教習官は信号機を見落とす可能性が大変に大きくなっておりますとおっしゃる。実際の運転では、真っすぐに走っているつもりなのでしょうが、蛇行しているのですと。
 暗に免許証を返上してはいかがでしょうかと言っているのである。
 しかし、田舎町では運転免許なしには生活が困難である。
 注意するしかないが、集中力も落ちて来ておりますと追加の警告までいただく。
 これまでは5年間の更新だったが、これからは3年間となる。

 よく、鈴木さんはお若いですねなどとおだてられて、その気になっているが、とんでもないことである。シルバー健康診断などの数字とは、これまた異なる実態が現実である。

[PR]
by watari41 | 2016-08-07 21:15 | Comments(2)