<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アメリカの戦い(1)

 アメリカ国民が、他国と戦争・闘うのは嫌だとしていた時代がある。
 国内戦である南北戦争が終わってから、第二次世界大戦が始まるまでのおよそ75年間、米国は他国と闘うべきではないという概念をもっていた。これをモンロー主義などとも言っていた。(1898年の米・西戦争を唯一例外とした)

 日本では日清・日露戦争、ヨーロッパでは第一次世界大戦があったがアメリカは兵を出していない。1939年ドイツが進撃を開始して第二次大戦が始まった。破竹の勢いでソ連に攻め込み、イギリスもドイツの戦力の前に風前の灯となっていた。時のチャーチル首相はアメリカに援軍を求めたが、米国世論はこれを許さない。
 a0021554_16461386.png 米国政府は困っていたのである。ルーズベルト大統領の下に国務長官を経て実質的には大戦を指揮することになる「スティムソン」が陸軍長官になっていた。
 彼のもとには、欧州から亡命してきたアインシュタインなど、名だたる物理学者がドイツが原子爆弾を持つ前にアメリカが開発すべきだとの進言をしていたのである。政治家でその重要性を認識してものは、当時ほとんどいなかったとされる。
 そのなかでスティムソンは「兵器を超えた意味を持つもの」と理解したのである。大統領の了解を得て、陸軍予算のなかから秘密裏に膨大な「マンハッタン計画」の費用を捻出したのである。当然ながら議会にはかけられていない。
 
 丁度、そんな頃に1941年12月8日に日本の真珠湾奇襲攻撃があった。スチムソンは日記に、その時の感想を「安堵」したともらしている。これでアメリカ国民も立ち上がると思ったのである。
 当時は、アメリカの戦争準備も十分でなかったので、ゼロ戦をはじめ日本の戦果は大いに上がっていた。米国も一時は西海岸への上陸も覚悟したようだ。しかしミッドウエイ海戦に勝利してからは、日本の攻撃は一段落と、ヨーロッパ戦線に集中できるようになった。

 後に史上最大の作戦と言われたフランスノルマンディ海岸への上陸を42年にスチムソンが提案し、ルーズベルト大統領が連合国会議に諮ったが、どういうわけかチャーチル首相が反対した。結局は2年遅れの44年にその作戦が実行された。

[PR]
by watari41 | 2014-09-27 17:04 | Comments(0)

独立国

  21世紀にもこんなことがあるのかと驚いたイングランド独立騒動。ありていに言えば。
 「お金もあるし、別れて暮らした方が何かと都合いいよね」というようなことなのだろう。
 しかし、老人は反対だったと。年金がどうなるか心配だったらしい。
 かつては七つの海を支配した大英帝国も力が落ちた。こんな騒ぎも、イギリスの国力低下が原因だ。

 アメリカだって合衆国なのだからカリフォルニアが独立したっておかしくはないのだが、世界最強の国家から離脱するメリットは何もない。

 中国だって、チベットなどを分離した方がスッキリするが力で押さえつけている。世界の歴史をみれば、いずれは別れることになるのだろう。

 イタリアにそんな例がある。古代に全欧州と地中海を支配したローマ帝国も衰退を重ね、中世に至ると本国そのものが地域ごとに独立国になってしまった。ヴェネツィア、ミラノ公国、ナポリ王国・・・といくつもの国家ができた。
 ソ連だって、その力がなくなり崩壊して東欧諸国が独立した。ウクライナ紛争は力を盛り返したロシアのあがきである。

 日本も北海道が独立国家たらんとしたことがあった。明治初期である。
 江戸幕府最後の抵抗と見られていた榎本武揚率いる最強とされた艦隊が、実は北海道を独立国家たらしめんと諸外国に承認依頼を求める交渉をしていたのである。
 榎本は万国法に通じていた。当時の幕府開明派と言われる勝海舟なども、そんなことを夢見ていたようだ。函館の五稜郭に立てこもったが武運拙く敗れたのである。もしかして蝦夷国家は現在とは違う北海道発展を遂げていたかもしれない。

 国家とは、税金を徴取でき、お金も発行できる強力な権限を有している。運営の仕方では、衰退の道を辿ることだってめずらしくはない。しかし一般の人々はそんなことにあんまりこだわってはいなようだが急激に進む円安は国家の体力を確実に奪っていると考えている。

[PR]
by watari41 | 2014-09-22 14:56 | Comments(0)

朝日よ頑張れ

 かつては読んでる事が「ステータス」みたいな時代もあった「朝日新聞」の相次ぐ不祥事は何としたことかと思っている。
 我が家はずっと地元紙なのであるが、出張の時などはキヨスクで朝日を買って特急列車に乗り大きな顔して新聞を広げていたものである。当時の超一流文化人と言われる方々の寄稿記事などを読んでは納得していた時代が懐かしい。

 記憶に残る最初の不祥事が、沖縄サンゴ礁に傷つけられたスクープ記事だった。これはカメラマン本人の自作自演がバレて、衝撃を受けたものだ。
 新聞社といえども大企業病というべきものがあるのだろう。組織がお役所化してしまう。筆者は在職の頃、小さな会社の大企業病なるものを体験している。内向き志向となり、適当な所でゴマカソウという空気が蔓延してくる。こうなると民間会社はもう終わりである。細々と特殊な企業として生き残るしかなくなってしまう。

 朝日新聞には、そういうことになってほしくないと思っている。読売新聞と並ぶ東西2本の柱であり続けてほしい。左に寄っていると言われるが、別にそれでもかまわない。日本のバランスが取れているからである。

 朝日が縮小すると、日本は益々右に傾いてしまうことを懸念している。朝日には復元力が十分にあるのだろうと思っている。しかし記事を徹底的に検証する風土が無くなりつつあるとすれば重病である。
 中国の毛沢東が大躍進を掲げていた時代に、一反(300坪)当たり5トンの米を収穫したとする田んぼの写真が掲載されたが、これは平均の10倍であり、そんな密植をやったら、とても稲は育たないことが判明した。収穫直前の稲を一枚の田に移し替えて、写真撮影したのである。当時の専門家は皆がおかしいと思っていたそうだが、「事」の発覚まではやや時間を要した。

 事実の検証とは言っても、それは難しい話である。しかしそのために新聞社には価格協定という、民間会社には夢のようなことが許されている。時間は残されている。

 かつては白蓮事件を掲載した如き意気軒昂たる記者が内部には今もゴロゴロいるはずだと思うのだが。

[PR]
by watari41 | 2014-09-15 14:47 | Comments(2)

骨肉の争い

 先日、町内のある団体納涼会の席上、昭和10年生まれの知人男が、今日は裁判所に行ってきたとおっしゃる。
 超高齢だった父親が亡くなり、相続手続きを開始したところ思わぬ障害に出会った。3人の弟達がそれぞれに遺産配分を要求してきたのだという。
 町内の各所に、いまや宅地並みの畑があって、相当なる資産らしいのだが、弟達は遺産相当分を現金で要求しているのだという。
 かつて、その父親は弟達に町内に家を建てるなら、それぞれに土地をくれてやると言ってたそうだが、田舎はいやだと都市に出てそれぞれに住宅をもった。

 その弟達の孫が今や学齢期となって、お金が必要なことは良く理解できるのだが、こちらだってそんなにあるわけではない。現金にできるものをすべてかき集めてみたが、到底弟達の要求を満足できる額ではなかった。
 弟達は、ついに裁判をおこした。やむを得ずこちらも弁護士を立てざるを得なくなったのです。とりあえずは70万円を弁護士に支払ってきたと。頭が痛いんですとおっしゃる。畑を売るにも震災後にあった山手の土地バブルみたいなものも消えてしまった。何より世間体が悪いと思っておられるようだ。

 こうなってしまうと、兄弟も何もあったものではなくなる。将来ともに親戚づきあいもなくなるのだろう。まずいことになってしまったものだ。

 こんな、こじれる方もいれば、子供の頃から貧乏暮しだった10人の兄弟を知っている。母親がこれまた超高齢で亡くなったが何の問題もなく、仲の良い兄弟である。長兄は、昭和7年生まれ母の後を追うように亡くなった。

 貧乏が全てOKという話ではないが、遺産相続は、骨肉の争いを起こすこれまた現代社会の厄介な問題の一つである。

[PR]
by watari41 | 2014-09-05 19:54 | Comments(0)