<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

オスプレイの科学

 戦争の道具なので物騒なことは言うまでもない。しかし平時訓練の危険性がこれほどまでに問題となったこともかつてないことである。
 垂直に飛び上がり、大量の物資を運べ、かつ速度も早くという欲張りすぎた航空機である。
 昔の一流技術者は、機械を製造する時に設計図面を見ただけでダメ出しをしていたが、これもそういうたぐいのものだろうと思っている。飛んでいる映像を見ていると、決して美しい機体ではない。昔の複葉機を思い起こす。下からみると「ふぐ」が腹を膨らませたような格好である。
 今も昔も空を飛ぶのは難しい。垂直に飛び上がるには重量に匹敵する空気を羽根の力で押し下げなければならない。
 ヘリコプターには大きな羽根がある。これが回転すると凄い風が巻き起こる。飛んでる姿は安定しているかのようであるが数年前には頻繁に事故が起きていたのは記憶に新しい。これからも起きない保証はない。

 もう60年以上も前になるが、小学校の校庭にヘリコプターが降り立ったことがある。はっきりした記憶ではないのだが、1951年のサンフランシスコ平和条約を記念して、主な小学校を訪問して男女一人づつを乗せて15分ほど飛行するというものだった。
 選ばれて搭乗する同級生をうらやましく見ていた。当時は危ないなどという概念よりも空を飛ぶことの魅力が上回っていたことを回想している。

 オスプレイは気流の安定したギリギリの条件のところで飛行しているのだろうと考えるしかない。これまでの事故は殆ど操縦ミスとして片付けられているが、やっかいな航空機であることは多くの人が直感しているはずだ。

 これまで軍事技術の革新は、平和時においてインターネットとかGPSなど生活の利便性を向上させるのに大いに役立ってきた。しかしオスプレイは、過去の技術の組み合わせでしかないようだ。単純に物理的なことの革新的技術開発は難しいことなのかもしれない。

 基地が置かれる沖縄はもちろんのことだが、訓練ルートに宮城県を縦断するコースもある。単純な飛行だけでは訓練にならない。どんな訓練があるのだろうか。地表近くの天候は不安定である。
 不時着用にゴルフ場グリーンだとか、牧場だとか、そんなところをできるだけ数多く確保するほか、当面の手立てはないのであろう。幸いに滑走路をほとんど必要としない利点がある。
  何とも非科学的な話になってしまったことをお許し願いたい。
[PR]
by watari41 | 2012-09-30 15:47 | Comments(4)

ダビンチ・コード

 いささか時代遅れの話題をお許しいただきたい。
 わが町の図書館入口に推理物コーナーができて、標記の本が飛び込んできた。まだ読んでなかったのである。世界的ベストセラーだったが、その頃私は大病を患っていた。
 大変に面白かったので借用して、あっという間に上下巻を読んでしまった。キリスト教の門外漢にとっては、その表裏がとても良くわかる著作だった。
 カトリック教会が何故、科学を拒否するような態度をとるのかなど、なるほどと思う。処女受胎だとか、死後の蘇りだとか、現代に生きる我々にとっては、何とも理解しがたいものだ。さらにはガリレオの発見を400年も認めなかったとか。
 ルネサンスというのが、ようやく理解できた気がした。本来のキリスト教とはどういうものであったのかを歴史的天才であるレオナルド・ダビンチは良く知っていたというのである。また歴史的秘密結社というのは、大概にして、本来の教義を伝えるためにあるものだとか。本は物語ではあるが説得力がある。

 2千年も昔のことだ。本来の姿が変わったとしても不思議ではない。聖書は現代人からみても、まともな道徳観念が書かれているが、当時の聖なることとは生殖行為であり、女性崇拝だったというのである。わからないことではない。それを強引に男性崇拝の概念に変えてしまったのだというのである。(私の全般的な解釈というか、読後感なので間違っているかもしれないが)

 西欧に限らず、東洋だって男子優位であり、イスラム教だってその通りである。キリスト教初期の段階では、そのままでは発展性がないと考えられたとしてもやむをえないことだ。

 日本でも女人禁制の山であるとか、土俵に上がってはいけないとか、やけに差別をつけている。神輿も我々が子供の頃は女性が担ぐなどとは、とんでもないことだと言われたことを回想しているが、昨今は人手不足もあろうが、堂々と女性がまかりでている。

 4千年前の神々は、洋の東西を問わず豊饒を示す女性であった。現在も内助の功なる言葉があるが、実質的には女性次第で男子は如何様にもコントロールされているのである。
 ルネサンスの絵画もそんな意味で、もう一度見直して見るべきなのだろう。
[PR]
by watari41 | 2012-09-22 20:14 | Comments(4)

尖閣諸島

 何とも厄介な問題が持ち上がった。
 日中関係は、どうしていつもこじれてしまうのだろうか。中国内部の問題(軍部と共産党で覇権争い)という見方もあるが、真相はわからない。
 中国を蔑視する右翼的考えの人、逆に崇拝する人々など、日本人も様々だが、我々世代には正しい中国情報が乏しかったような気がしている。
 文化大革命だとか大躍進政策が賛美され報道されたこともあったが、数十年後に振り返ると何ともひどいものだったことが判明している。数千万人の人が殺されているようだ。中国亡命者のワルドスワンという世界的ベストセラー小説を読んだことを回想している。

 中国のことは、なかなか理解しがたいということで、民間人として初めて中国大使になったのが、丹羽さんという伊藤忠商事の会長だった。他の大手商社と比較して、中国に展開する関連会社が段違いに多いのが特長であり情報量も多く最も確かだと期待されていた。しかしこれも当然かもしれないが、外務省と意見の食い違いが出て解任されることになった。

 在職の東京事務所にいた頃、その隣に巨大な商事会社ビルが建築されていた。もともと大阪が本拠の会社で中国展開も早かったのだろう。ビルの地下には社員食堂があった。外部の人も食べられる。安くて美味しい昼食にありついていたことを回想している。

 中国13億人のうちで、こんな小さな島を知っているのは何人いるのだろうか。時に内部問題から目をそらすために、外部とトラブルを抱えておきたいというのが本音なのだろうと思っている。

 欧州をみると、かつては英・仏・独・伊・蘭などで、有史以来激しい戦争を繰り返していたが、ユーロ圏としてのまとまりを見せた。内部にギシシャなどの厳しい経済問題を抱えているが、戦争に訴えるよりは良いはずだ。現代文明の知恵はそこまで進んできている。いつの日にかは、似たような価値観をもつ東洋経済圏だってあり得るはずだ。そんな時まで武力解決は避けてほしいものだと思っている。
[PR]
by watari41 | 2012-09-18 10:07 | Comments(4)

宮城県亘理郡山元町

 a0021554_2023925.png20年ほど前に発刊された「やまもとの植物」は、現代山元町史そのものを見るようなものだ。ずっと後に知ったことであるが知人の女性がデザインした本である。「やまもとの野鳥」・「やまもとの昆虫」と並ぶ3部作である。左はその知人からいただいた。
 当時の町長であった千石正乃夫さんは、緑の町長などとも言われ山元町に工場はいらないという主義だった。子供の頃から自然に親しんできていた方である。
 そんなこともあって、仙台の文化人がリタイア後についの棲家を求めたり、セカンドハウスのようなものがあったりした。海岸には別荘地域もあった。大震災は、そんなものを一瞬にして流し去ってしまった。

 今朝(9月13日)の地元紙朝刊を見て驚いた。被災者のうちで、もう山元町に住みたくないという人が25%にも達している。
 現代社会の移ろいはものすごく早い。かつては町づくりのありかたとして、そんな町政も有りうるのかと思っていたものだが、今や郷愁にしか過ぎなくなってしまったかのようだ。

 自然と人間は徐々に分離されかかっている。人口の都市への集中が進みつつある。

 明治中期から末期に生まれた宮城県の方々は、どういうわけか自然保護派が多い。最も有名なのは国会議員だった大石武一さんである。昭和40年代の半ばに初代の環境庁長官になった。当時は開発一辺倒の時代だったことを回想している。日本の縦横に道路が建設されていた。世界的な湿原である「尾瀬ヶ原」のど真ん中にも道路が通じる計画だった。
 推進者は、当時の田中角栄通産大臣、周辺3県の知事であった。それを危惧した湿原の主である長蔵小屋の平野さんが、大石環境長官に直訴した。
 大石さんは、これまた子供の頃から植物が大好きだったらしい。環境庁の権限で、これら超大物たちの圧力を刎ね飛ばしのだから、今からみると大変なことだった。

 山元町の千石さんは、その少し後輩(考え方が)に当たる。私事になるが祖母の弟がこれまた植物好きであった。晩年に回想録を残し、長姉である祖母に贈ったものを私が保管している。印刷された冊子の半分を亘理の植物というページにしているのである。
 その大叔父の奥さんは長命され、ご主人の原稿ともいうべき、小さなダンボールひと箱分のノート(亘理植物スケッチ)を、どういうわけか私に託された。私有するのもおかしいので、折をみて東京に在住するお孫さんに送ったのであった。
[PR]
by watari41 | 2012-09-13 20:03 | Comments(2)

宮城県亘理郡

 a0021554_11351953.jpg私の住んでいる地域が亘理郡で、山元町と亘理町から成っている。
 古代には磐城の国亘理郡とか陸奥亘理とか呼ばれたこともある。宮城県となったのは明治以降である。
 先日、知人が自家出版した『山元町での鉄生産に始まる古代東北の物語』というA4版64ページの冊子を持参された。知人の著者は「菊池文武」さんである。長いこと仙台で女子高校の地理の教師をされていた。常磐線の山下駅前に居住している。3.11震災では、大きな地震の後で巨大津波が来ると判断して、真っ先に避難行動をとった。
 自宅は、1F天井まで波が渦巻き惨憺たる状況だったが、ガタイが頑丈だったので、流れ込んだ異物や家具・床板などもはがして、住める状態までこぎつけた。

 仮設住宅に居住している間に、長年の研究課題としていた、本論をまとめたのだから畏敬すべきことである。亘理郡山元町を中心として福島県北部の海岸一帯(相馬郡))にかけて、おびただしい古代の製鉄炉(タタラ炉)が出土している。それぞれには遺跡の名称を付した標識が建ててあるが、それだけでは不十分であり、著者は古代の系統的な製鉄遺跡として調査すべきであると言うのである。

 亘理郡一帯は、出雲(山陰地域)と並び、我が国屈指の産鉄地帯であった可能性が高い。
 古代では、金よりも鉄の方が価値のある金属だったと考えられるのである。農具・武器と有用性がはるかに高い。金の用途は仏像の金箔くらいではなかったのだろうか。

 鉄の生産者は莫大な富を得て強大な権力を握った。亘理では今やすっかり忘れ去られている。山陰ではヤスキハガネの名称で今も存在しているが、ここ亘理では遺跡が出るのみである。

 中世、11世紀中頃に亘理権太夫藤原常清が源氏を向こうに回して大活躍する。その息子である藤原経清が戦乱を生き残り平泉文化を拓く。その力の源泉が亘理郡の鉄ではなかったのかと推論している。

 山元町には「大平」・「小平」という地名がある。これは「タタラ」が訛った語であると聞いたことを回想している。
 山元町では、復興事業として常磐高速道の建設が急ピッチで進み、常磐線も内陸側にずれて新設されることになるので、新たな遺跡発掘が期待される。全国から発掘の専門家が集まってきている。
[PR]
by watari41 | 2012-09-07 11:35 | Comments(8)

微妙な温度差

 先日テレビを見ていたら、夏バテに効果ありという山梨県北杜市の38℃温泉に15分以上浸るということが放送されていた。武田信玄の隠し湯だとか。一般家庭でもやれる方法だということで、早速実験しているが、効き目はまだわからない。
 興味を持って調べたら37℃温泉というのもあった。体温近辺の微妙な温度である。

 野菜の50℃洗いが話題になったのは記憶に新しい。しなびた野菜がシャキットなる。不思議な温度である。我々初老人がシャキットなる温度もそのうち発見されるかもしれないと期待している。

 氷温というこれまた不思議な温度も、一般化されている。生きている魚が冬眠状態になり長距離輸送や保存に有効で、動植物のいろんな分野に応用されている。氷温とは細胞だけが生きている温度なのだという。人間の氷温も研究されたことがある。

 ガン細胞も43℃くらいで死滅してしまうというが、本体の方が持ちこたえられない。乳がんの温熱療法が実用化されているだけのようだ。

 生物は微妙な温度に反応する。うなぎの不漁も乱獲の他に、海水温のわずかな温度変化で生息水域が変わったのだという説もある。

 0℃から100℃までしかない水の温度だが、まだ知られていない温度が存在するのかもしれないと考えている。在職の頃に当たり前だと思っていることから思わぬ発見があるものだと思ったことを回想している。

 これらはいずれも一気圧の条件下である。高い山に登った時には、ずっと低い温度で沸騰することは経験している。圧力を高めれば100℃以上でも液体の状態にある。
 水と温度の関係は微妙である。それが生物に与える影響もこれまた微妙である。
[PR]
by watari41 | 2012-09-01 21:00 | Comments(2)