<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

古紙再生:番外編

 前回の「古紙の配合率」に、”再生紙製造は重油を使うので環境への負荷が大きいと、今になって製紙業界が言い出している”とのコメントをもらった。
 紙の製造には疎いながらも、ネットを使って調べてみた。「ゴミゼロネット」というHPがあった。その詳細ページで(http://www33.ocn.ne.jp/~gomizeronet/010505.htm)2001年に、この問題が大きく論じられているのである。日経エコロジー(2001年4月号)の記事を「ゴミゼロネット」HPにそのまま載せていると思われるので、その一部を下記に掲載させてもらう。
 つまり、当時から、そういう議論があったが、環境省に押し切られたというのである。
下記の記事にはその前後の文があり、パルプの製造を重油に換算すると、古紙から作るパルプは重油を多く使うことになるというのである。
 しかしながら、古紙をそのまま捨てれば大量のゴミとなるので環境に悪い。バランスの取れた数字があるはずだというのだ。

 これは重油換算に関する技術論で、7年前にそんな論議があったことをそれなりに理解はできるが、そうかと言って、今回ハガキなどに規定通りの古紙が入っていなかったいい訳にはならない。民間会社になった郵便は、環境保全配慮へのシンボルにもしていた。製紙業界はもっと早く公に意思表示をしておくべきだったのだ。

 コメントをいただいたお陰で、製紙会社のHPなどから古紙再生方法などを勉強させてもらった。ネットは誠に便利である。


 日経エコロジー(2001年4月号)
 「再生材料の比率が高い」から環境配慮なのか?

●古紙再生に力を入れるほど化石燃料の消費量は増加?

 「製品も十分に供給されているため、水準を下げる理由が見当たらない」(環境省)との判断による。
 グリーン購入法の基準は一つの目安であって、「これのみが推奨されるものではない」との断り書きと併せて示されている。とはいえ、「国の後に付いていく人は多いはず……」と、日本製紙の二瓶啓・技術本部環境部長は、戸惑いを隠せないでいる。
 古紙リサイクルにバランスが傾きすぎるとエネルギー利用に歪みが生じ、紙・パルプ産業全体として化石燃料の使用量が増えてしまう懸念があるからだ。
 バージンパルプには、薬品で木材を溶かして抽出する「化学パルプ」と木材をすりつぶして分離する「機械パルプ」の2種がある。機械パルプは木材を処理する工程に大量のエネルギーを使うため、近年は化学パルプが主流になっている。一方、再生紙の原料は、古紙をリサイクルした脱インクパルプ(DIP)として供給される。
 化学パルプの製造には、パルプlt当たり重油換算で212L(リットル)、DIP(新聞古紙の場合)の製造には、同85Lのエネルギーが必要となる。ただし、化学パルプでは、パルプの原料となるセルロースを分離した後に、木の構造を支える成分「リグニン」が廃液(黒液)として残り、これを製紙工程の燃料に利用できるメリットがある。これを加えたエネルギー収支をみるなら、化学パルプの方が勝っていることになる。

註:「木材を溶かした(化学パルプの)場合、その廃液を燃料として重油換算するとパルプlt当たり310Lが生じるので、差し引きではマイナス換算となる(重油を使っていないことになる)。古紙は燃料分が発生せず、そのまま85Lなので、重油換算上は劣ることになるのだ。」

 森林資源の保有状況や、製造時に用いる化学物質、リサイクル処理に伴って発生する汚泥の問題なども関係してくるため、化学パルプとDIPの優劣を簡単に決めることはできない。しかし、「100%製品」の需要が必要以上に膨張し、各社が“自然体”で進めてきた古紙リサイクルの取り組みのバランスが崩れると、環境負荷が余計にかかったり、コスト増を招いたりする結果になる。

(やや古い記事ではあるが、無断で使用させてもらった。いずれ消去したい。)
[PR]
by watari41 | 2008-01-26 11:21 | Comments(4)

古紙の配合率

 昨年の「偽」に続き、今年も製紙会社の古紙配合率の偽装から始まった。
 私は経験上いささか同情の念を禁じ得ないのである。紙とは異なるが、金属材料のスクラップ配合率で在職中は大変な苦労をしたことを回想するからである。金属の場合は世間に公表していることでも何でもないのでどう配合しようと問題にはならないのだが原価対策上で配合率を多くせざるを得ない状況に追い込まれるのだ。

 回収したスクラップにはいろんな問題がある。つまり汚れているのである。古紙も同様のはずだ。その汚れが品質を落とすのである。

 「紙」の製造も非常に難しいようなのだ。大きな製紙工場に同級生がいた。退職してからのことであるが工場を見学させてもらった。新聞用紙をすごいスピードで作っていた。どこの新聞だろうと同じ紙なのだろうと思っていたら、さにあらずなので驚いた。K社とA社の用紙を製造しているが、それぞれの新聞社で使う印刷インクが異なるので、用紙も最適印刷条件に合うように微妙に調整し、仕様の異なる用紙を供給しているのだそうである。それなりのご苦労がある。

 古紙配合率の偽装はほとんどの製紙会社に及ぶようだ。最初に発表した日本製紙は社長が辞任するようだが、最大手の王子製紙をはじめ、記者会見で頭を下げてお詫びをしてはいるものの、さほどの罪悪感を持ってはいないようだ。古紙を少なくし品質の高いものを供給しているので、おかしくはないのだという概念のようなのだ。

 つまりは、環境に対する配慮の問題なのである。これまでの偽装と様相を異にすることである。それほどに環境問題への関心は高くなった。企業イメージ、大きくは製紙業界の体質が問われているのだといえよう。

 宮城県の場合はもう一つの大きな問題を抱えてしまった。楽天イーグルスの野球場の命名権を日本製紙に与えたからである。前のフルキャストのことといい、何故か一度問題の起きたところは次々とトラブルに見舞われる。そんな法則みたいなものがあるんだなどということを聞いたことが頭をよぎった。
[PR]
by watari41 | 2008-01-23 12:13 | Comments(4)

松下ブランド

 松下電器ではなく、今や「松下政経塾」のブランド力がすごいことになっている。宮城県知事の村井さんもその卒業者である。衆参両院に相当数の議員がいる。松下幸之助さんが晩年になってから、私財を投じた塾である。政治家の養成は難しいのだと思う。これまでのところその出身者は、今までの政治家とは一味違う感覚を持っているように思うが、これからどうなるのか楽しみである。

 私は昭和40年頃に大阪にいた。松下さんは超一流の経営者・財界人として、その一挙手一投足が注目を浴びていた。その頃ダム式経営ということを発言された。ナショナルの年間売り上げはまだ2千億円程度の時代であるが、多額の内部留保をもち、会社内の各事業部に経理本部が利息のある資金を貸し付ける方式でナショナル銀行などとも言われていた。成功者であるが故に「転んでもただでは起きない」、「マネシタデンキ」だとか様々な陰口もたたかれた。
PHPという雑誌を発行して道徳的なことを説いたりもしていた。出版事業としても成功したようだ。

 だが、本業のブランドで後輩達がこうも苦戦するとは予測していなかったと思う。パナソニックへの切替はむしろ遅すぎたといわれる。ブランド力で他社の後塵を拝するとは思ってもみなかったことだろう。

 私の父は昭和10年代にラジオ店を営んでいた。店先で撮った写真が残っている。ナショナルの文字が入った旗が一緒に写っていた。契約店の一つだったのだろう。残念ながら父は昭和19年に病死した。

 時間の経過と共に、ナショナルや松下の文字は人々の記憶から薄れてゆくことであろう。だが、ひょっとすると後年「松下政経塾」出身の総理大臣が誕生するかもしれないのだ。その時、人々は改めてパナソニックと共に、両分野の創始者である松下さんは政治分野でも歴史に残る人になるのかもしれないのだ。
[PR]
by watari41 | 2008-01-19 18:01 | Comments(5)

石油備蓄放出を

 青森県下北半島の荒涼たる原野に色鮮やかな石油タンク群がある。全国各地にこんなものがあって日本で使う90日分が備蓄されているといわれる。

 一時は100ドルを越えた価格は少し下がった。投機なのだから上げるだけ上げておいてから売ってしまうのだ。そうなれば今度は必ず下がる。その繰り返しなのだ。誰でもわかることをやって儲けているのだと思う。そんな経過を辿りながらも価格は徐々に上昇傾向をたどっている。
 日本の備蓄原油は20ドルくらいの時に買ったものであろう。これを放出すれば、大変な差益と価格安定に寄与するはずだ。少し前のことになるがブッシュ大統領が、自国の備蓄放出を検討したが、安全保障上の問題ありということで見送られた。日本でも同様のことになるのだろうか。
 灯油補助金として5千円程度を出す自治体が増えているが大量の備蓄放出は、石油価格を安定させると同時に世界経済に貢献するのだから各国から感謝されるだろうと思うのだが素人考えなのだろうか。
 日本政府にも莫大な差益が転がり込み一石二鳥にも三鳥にもなりえることのように考える。
 原油備蓄タンクというのは、保管だけではなくて、絶えず入れ替えがなされているのだろうか?そうだとすればその際の差益はどうなっているのだろうか?考えるほどに疑問は尽きない。
 もしかして、こんな素朴な疑問は新聞やテレビの解説でやられていることなのだろうか?最近はあまり、ニュースにも目を通していないので知っている方がおれば教えてほしい。

 私が小学生の昭和20年代の社会科教科書には石油の埋蔵量は30年とも言われたことを回想するが、その後の相次ぐ地下資源の発見は消費量の拡大を上回り現在の埋蔵量は70年ほどの数字になっている。しかし新たな発見はもうないだろうとも言われる。

 石炭のように余裕を持って次のエネルギーへ切り替わってほしいものだ。今世紀中には結論がでなければならない話だ。原子力が期待されたが「核分裂」は地震に弱く嫌われている。
 「核融合」の研究は思ったようには進んでいないようだが、着実に前進しているようだ。茨城県にあるJT60という核融合実験装置の名前をしばらくぶりに聞いた。在職中にほんの少しだが関わったことがあった。今回のニュースは、ドイツからの遠隔操作でこの装置を動かすことができたというのである。国際的な協調体制がとられつつあるようだ。
[PR]
by watari41 | 2008-01-14 16:25 | Comments(5)

素人受け

 金メダリスト、荒川静香さんが興味深いことを言っていた。「プロに転向してからアイスショーで、お客さんがが喜ぶのは、オリンピックで高い得点が取れる演技ではない。簡単で華麗なものなのだ」。
 フィギュアー競技の得点はわかりにくい。解説がないと何で減点されたのかまるでわからない。技は益々高度になっていく。氷上の体操化してきた。かつてチャフラスカであったと思うが、優美さを競う種目なのに、技術の争いになっていると嘆いていたことがあった。
 我々も、氷上に優雅な舞を見たいのである。回転数が一回多いとか少ないとかは極端にはどうでもよいことなのだ。高齢者になったこともあるのだろう。どうしてもそんなことを感じてしまう。カタリーナビットという氷上の女王ともいうべき人もいた。そんな頃のフィギュアスケートを回想する。ロシアのスルツカヤの演技は本来のフィギュアに近いものだったのではなかろうか、何とも気の毒なことだったと思っている。競技の時代的な流れは何ともしかたがないのであろう。

 話は異なるが、私の知り合いに絵の上手な男がいる。まずは河北展に入賞してからと何回か出品したが、いずれも賞を得ることができなかった。自分にはその実力がないのだと出展を止めてしまったが、驚いたことに「これからは画家として飯を食っていく」というのである。
 どういうことかというと、「素人受けのする絵はどういうものであるのかがわかった」からであるというのだ。スケートの荒川さんの話と一脈通じるところがある。今や結構な注文があるようなのだ。客の好みに合わせて如何様にも描き上げる。
 昔の絵はともかくとして、近代の絵はわれわれ素人にはわかりにくいものが多い。有名画家のもので高価なものだと飾っていても、その絵がわからなければ何にもならない。
 優れた芸術を鑑賞できるようにまでは、われわれはまだ訓練されてはいない。芸術家本人よりも一時代下ってはじめて理解されるようなのだ。ゴッホがそうであった。岡本太郎もそんな感じがする。プロとアマのことも考えてみるといろいろと面白いことがありそうだ。
[PR]
by watari41 | 2008-01-11 12:19 | Comments(4)

相馬紀行・動画

 次のブログを考えるまでの時間つなぎのお遊びです。エキサイトに標準装備された、ドガログという音楽付きのスライドショーです。いずれ消去します。中央の三角をクリックして下さい。約一分間のものです。


[PR]
by watari41 | 2008-01-07 15:55 | Comments(5)

無駄なこと

 我々は生涯にどれほど「無駄」をしているのかと思うことがある。「無駄な時間を使った}「無駄な金を使った」「無駄な努力をした」・・・・、数え上げるとキリがない。人生はまるで無駄の塊みたいなものだ。

 目に見える無駄な物は「ゴミ」となる。一人の人間が年間何トンものゴミを出す。その多くが燃やされる。それらも国民総生産の中に含まれる。最終的に無駄は、地球を温暖化していることになるのだ。

 だが無駄排除への挑戦もある。トヨタ自動車は無駄な仕事を無くすことを企業理念ともいうべきものにしている。永遠に尽きることのない無駄取りに挑んでいる。あれほどの巨大会社が、大企業病にかからないのは、そういう恒久的な目標があるからだと理解している。従ってコスト競争力が抜群なのだ。
 一例として、人間が工場で物を運ぶこと自体が無駄であるというのだ。価値を生まない作業であるという考え方なのだ。無駄に対してお金を払う必要はないということなのである。在庫などもその分、金利がかかるので無駄であるというのだ。実に徹底している。益々シェアーが拡大していく。何十年も前に工場見学させてもらって聞いたことを回想している。今回宮城県への工場進出が決定した。多くの方々がその実態を目にすることだろう。

 その考え方は理解できるものの、普通の会社がなかなか実施できることではなく、相変わらず無駄なことを続けているのが実態なのである。無駄が無駄を呼んでしまう場合もある。

 お役所仕事というのがあるが、無駄を象徴するものなのだろう。存在すること自体が無駄だともいわれる独立行政法人まである。しかしこういうところを廃止できないでいる。無駄なことには粘りがある。だから無駄はなくならない。

 そんなに、突き詰めたことを言うと「うるおい」がなくなるではないかという議論もある。しかし無駄は無駄でしかないのだ。だが無駄があってこその人生だという人も多かろう。
 そんなことを言っている間にも地球環境はどんどん悪化している。人間がいなくなったところで、宇宙の彼方からみれば美しい地球は何も変らないように見えるだろう。
 ゴアさんをはじめ昨年度ノーベル平和賞をもらった多くの方々が警告しているが、理解されているとはいえない。人間の生き方そのものが問われているともいえよう。年の始めに嫌味なことを書いてしまった。
[PR]
by watari41 | 2008-01-04 11:25 | Comments(7)