<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

追憶(3)

 妻を『偲ぶ会』という席を持った。通常の葬儀行為をしなかったので、火葬後に町内会、親戚、知人・友人など妻にゆかりのあった60名ほどの方々にお集まりをいただいた。
 その人たちの中に妻が学校を卒業後に就職した職場の方々にも出席してもらった。新入当時の思いで話しをしていただいた。もう80歳を超えている当時の上司の方が、妻の母親も和服姿で遠路同行してご挨拶に来られたことを憶えておりますと言われた。

 妻の実家は隣県なのである。仙台の学校へ2時間以上も列車に乗って通学していた。ミッション系の学校ながら栄養士のコースに進んだので、我が町にある県の出先機関に就職したのであった。農家のお嫁さん、おばさん方に生活改善を指導するという仕事であった。昭和40年代は、まだそんなことを必要とする時代だったのである。
 身近な食材で短時間に作れて栄養価の高い料理を教えるとか、保存の仕方、例えばタケノコの瓶詰めなどを得意としていた。職に就くと直ぐに中古車を購入し機動力を発揮したのである。気さくな人柄もあって後々まで先生と慕われていたところがあった。

 そんな中の、おばさんの一人が、我が家の嫁にどうかと私の母親に紹介したのである。母は妻を大変に気に入って是非にということになり、嫁いできたという経緯がある。その母も62歳で亡くなったので、2年ほどしか一緒には暮らさなかった。母から見ると私は頼りなくみえたのであろう、妻に後事を託したようなところがある。

 妻は、17年間その職についていた。私の最初の単身赴任をきっかけとして退職した。辞める時に退職金と共に共済年金の積み立てた分を、一時金でもらうか、後になって年金としてもらうかの選択があり、妻は年金の方を選んで基金として残したのである。
 それを貰うことを大きな楽しみにしていた。62歳になると満額支給となる。その最初の支給日が2月15日だったのである。
 地方職員共済組合に亡くなったことを知らせたら、ガックリするようなことを言われてしまった。ご主人が厚生年金をもらっているのでしたら、奥様が昔に残してある基金とその後の利息なども含めて全て没収されることになりますという話なのである。遺族に残るものは何もありませんと。そのように法律が変ってしまったのだという。
 踏んだりけったりとは、こんなことをいうのだろう。妻は少なくとも基金分だけは私に戻るはずだと思っていたのである。こんな電話でのやりとりで、また疲れがふきだしてしまった。
[PR]
by watari41 | 2007-02-24 17:29 | Comments(3)

追憶(2)

 ふり返ってみると、私の在職最後の東京単身赴任の頃が、我が家は最も困難で苦しかった。2人の息子がそれぞれに首都圏の大学に入り、5人家族が4世帯になったのである。「火の車」などという表現を通り越した時代だった。何とか、かんとか凌いでもらったのである。

 車の運転を苦にしなかった妻は、娘一人を自宅に残して300kmの道のりを東京までやってくるのである。互いに離れている3軒のアパートを巡って帰っていく。こんなことを何度繰り返したことであろうか。6号線から入る東京湾岸道路などは通い慣れた道だったのであろう。病床でテレビに湾岸の風景が出てくると懐かしそうに眺めていたものである。

 東京の我々男子もそれなりの努力をした。当時発刊されていた『一ヶ月を9千円で暮らす法』という本を、3人共に別々の本屋で立ち読みをしていたのである。干物を中心としたもので栄養なども問題ないというものだった。子供の一人はある期間を実践したようだ。

 車好きだった妻は、今から一年前になる入院を機会に私が引き継いだ時には数年間の乗車で10万kmを超えていた。
 また、事務処理能力にも長けていたので、私はほとんど家事関連の書類に触れたことがなかったのである。今になって現実の問題が確定申告である。恥ずかしながら最初のことなのである。末期の病床にあっても比較的状態が良かったので、今年も頼もうなどと呑気に構えていたのである。几帳面な性格なので、亡くなるほんの少し前の1月18日までは、日誌をつけていたのである。それも時間毎に、誰が来て、どんな薬を飲んだとかいう詳細なものだった。19日からはノートのページ毎に、日にちのみが書き込んである白紙が延々と続いている。しばらくは大丈夫なつもりでいたのである。

 これから遺品を整理する毎に、いろんなものが出てくるのであろう。その都度にまた回想してしまうというようなことになるのだろうと思う。こんなことを書いているのも自らの慰めのひとつなのかもしれない。
[PR]
by watari41 | 2007-02-19 08:46 | Comments(4)

追憶(1)

 大変につらいことを書かなければなりません。妻が1月31日に息を引き取りました。覚悟のこととはいえ現実を目の前にして呆然としてしまった。このブログもしばらくはお休みにしようと思っておりましたが、訪問者数を見ると、前回記事から延べにして数百名もの方々に訪れていただいており、多くの方々にご心配をかけておりますので事実を一言申し述べる必要があると思いました。

 妻の死去については、ご近所・町内の方々の嘆きがより大きかったのです。人付き合いがよく、明るい性格なのでどなたからも親しまれ、10歳ほど上の昭和ヒトケタ世代のおばさま方からは特に人気があった。車の運転が得意だったこともあり大いに頼りにされてもいたのです。「さびしくなるわねー」と、お会いする人ごとに声をかけられる。

 末期がんを告げられてはいたが、最後まで希望を失うことはなく、お見舞いのお客さんには明るく振舞い、逆に元気付けられたと帰ってゆく方々も多かった。人生は始めと終わりの繰り返しだという人もいる。妻は自分の病状をわかってはいながらも意識を失う最期まであきらめることはなかった。まったくいとおしいものであった。

 妻には、これからのいろんな希望を持っていたにちがいない。私も手始めにと、在職中に出張したことのある数少ない外国旅行に連れていこうと思い立ち、韓国に出かけたのが最初で最後になってしまった。それもソウル3泊、3万円にも満たない激安旅行だったので何とも情けないことだった。

 一年にも満たない闘病だった。2006年は忘れられない年となった。私も高齢者の部類に入っているが、こんなにも体力が落ちているとは思いもよらなかった。何をするわけでもなく、自宅での弔問客の応対だけなのであるが、こんなにも疲れきってしまうものだとは考えてもみなかった。初めての栄養剤の点滴なども受けた。

 妻の意志もあって、通常の葬儀は行なわなかった。これからは納骨のことがあります。これまで大勢の方々からのご心配をいただきました。時をおいて、多少の思い出などを綴っていきたいと思っております。
[PR]
by watari41 | 2007-02-12 09:34 | Comments(10)