追憶(1)

 大変につらいことを書かなければなりません。妻が1月31日に息を引き取りました。覚悟のこととはいえ現実を目の前にして呆然としてしまった。このブログもしばらくはお休みにしようと思っておりましたが、訪問者数を見ると、前回記事から延べにして数百名もの方々に訪れていただいており、多くの方々にご心配をかけておりますので事実を一言申し述べる必要があると思いました。

 妻の死去については、ご近所・町内の方々の嘆きがより大きかったのです。人付き合いがよく、明るい性格なのでどなたからも親しまれ、10歳ほど上の昭和ヒトケタ世代のおばさま方からは特に人気があった。車の運転が得意だったこともあり大いに頼りにされてもいたのです。「さびしくなるわねー」と、お会いする人ごとに声をかけられる。

 末期がんを告げられてはいたが、最後まで希望を失うことはなく、お見舞いのお客さんには明るく振舞い、逆に元気付けられたと帰ってゆく方々も多かった。人生は始めと終わりの繰り返しだという人もいる。妻は自分の病状をわかってはいながらも意識を失う最期まであきらめることはなかった。まったくいとおしいものであった。

 妻には、これからのいろんな希望を持っていたにちがいない。私も手始めにと、在職中に出張したことのある数少ない外国旅行に連れていこうと思い立ち、韓国に出かけたのが最初で最後になってしまった。それもソウル3泊、3万円にも満たない激安旅行だったので何とも情けないことだった。

 一年にも満たない闘病だった。2006年は忘れられない年となった。私も高齢者の部類に入っているが、こんなにも体力が落ちているとは思いもよらなかった。何をするわけでもなく、自宅での弔問客の応対だけなのであるが、こんなにも疲れきってしまうものだとは考えてもみなかった。初めての栄養剤の点滴なども受けた。

 妻の意志もあって、通常の葬儀は行なわなかった。これからは納骨のことがあります。これまで大勢の方々からのご心配をいただきました。時をおいて、多少の思い出などを綴っていきたいと思っております。
[PR]
Commented by カメチャン at 2007-02-12 15:59 x
奥様のご逝去に対し心からお悔やみを申し上げます。凄くみなさまから愛された奥様だったのですね。最近のブロブ掲載内容からいつかはそれが来ることを覚悟はしていました。
月並みな表現しか出来ませんが”どうかWATARIさん 体には十分気をつけてくださいね”
"回想”の方は気が向くときに自由にお書き下さい。是非、香り高い文章を今後もずっと我々に読ませて下さいね。
Commented by schmidt at 2007-02-12 16:14 x
 奥様のご冥福をお祈り申し上げます。本当に残念なことです。お体にお気をつけください。
Commented by michiko at 2007-02-12 20:29 x
心からご冥福をお祈り申し上げます。
ご近所の方々から慕われ明るいお人柄の奥様でいらしたんですね。

watari41さんの悲しみお疲れはいかばかりかとお察しもうしております。
どうぞご自身の健康に充分気をつけられてくださいませ。
Commented by akiyama at 2007-02-12 23:20 x
奥様のご冥福をお祈りいたします。
 2006年~07年1月の、watari41さんの「悠々空間」の『回想』に記載された「愛する妻への介護記録」は、こころうたれるものに溢れていました。
 つくづく、ヒトは、どう生きるかを考えさせられます。
 …最期まで、あきらめなかった…
                 すごい勇気をいただきました。  合掌
Commented by at 2007-02-12 23:55 x
watariさん、本当にお疲れさまでした!非常に残念でたまりません。最後にお見送りできてよかったです。とても綺麗でした。いつまでもあの笑顔は忘れません!ご冥福をお祈り申しあげます。
Commented by imaizumi at 2007-02-13 06:36 x
Watari41さん、どんなにか辛い悲しいお気持ちでしょう。お察し致します。男は良い奥様ほど先立たれると急に衰弱してしまう人が多いですから、「奥様は別荘で楽しく静養してるんだ」と思って、どうかこのハードルを乗り越えてください。
Commented by 宮下(piomio) at 2007-02-13 08:55 x
奥様の訃報に接し、心からご冥福をお祈りいたします。
とても心やさしく気丈で、そして人生を大切にされた方だったのですね。

Watariさんの気力、体力が出来るだけ早く回復されますことを念じております。
どうぞ、ご自身のお身体を大切になさってください。
Commented by ようこ at 2007-02-14 17:28 x
奥様のご冥福をお祈りいたします。 
意識のある最後まで希望を失うことはなく頑張られた奥様のこと、何度読んでも胸がいっぱいになります。

watari41さんと暮らし、看取っていただいた奥様は海外旅行なんかしなくても、幸せだったと思います。奥様の気がかりはwatariさんのお体のことだと思います。どうぞ、くれぐれもお体をお大切に。
Commented by 大平達郎 at 2007-02-15 09:52 x
言葉が見つかりません watari41さんのブログ記事に人生を深く感じそして感動あたえられました。お体大切にして下さい。
Commented by watari41 at 2007-02-16 11:00 x
 ネットを通じて、もうひとつの葬式をやっていただきました。皆様からのそれぞれからの弔意をありがたくお受けいたします。
 そして、お慰めの言葉、私の体を気遣っていただいた方々に厚く御礼を申し上げます。
 個人的なメールのなかに、何気ない日常生活に早く戻れるようにとのことがありましたが、そんな日を目指したいものだと思っております。
 記憶に浮かんでくる思い出のことも、数日中にはまとめておきたいと考えているところです。
by watari41 | 2007-02-12 09:34 | Comments(10)