緩和ケア病棟

 11月20日に、妻がこの病棟に移った時にはまだ多少の元気が残っていた。次々に去っていく方々を見送っては、お気の毒にと思っていた。だが、やがてこれはとんでもない思い違いであることがわかってきた。

 妻よりやや早く、この病棟に入所した女性のご主人と、時々洗濯場やラウンジで顔を合わせることがある。私とは同年代の方である。その彼は、泊り込みで奥さんの介護をしているのだという。自分では食べられないので口まで運んでやるというのである。看護と介護は別物なのである。介護は家族が行うのが原則であるそうだ。なかにはやむを得ず付き添いさんを頼んでおられる方もいるようだ。
 彼はこんなことを言っていた。自分が病に倒れて、妻にやってもらうと思っていたことが全く逆になってしまったと嘆いていたが、男は誰しもそうなのだろうが私もそんな感覚でいたのである。人生何があるかわからない。彼はいわばこの病棟での「戦友」であり「先輩」でもある。
 妻はこの介護の必要な時期を経ることなく一気に悪化してしまった。

 隣室の患者さんの名札がなくなっていると、翌日の地元紙の訃報広告にその氏名があるような世界である。去るもつらいことながら、残るも「地獄」なのだということが次第にわかってきた。

 病棟は、雑木林など自然環境の残る一角にあり、すばらしい施設の中で過ごせるのはこの上ないことだと当初は考えていたのだが、病状が次第に悪化していく状況を側で見守っていると、そんなこととは関係なく、何をするわけでもないのだが精神的には何ともつらく疲れてしまう。

 私自身も、がん患者なので、そんなには無理がきかない。同病院の本館でその時お世話になった看護婦さんとすれ違うと、だいぶやつれて見えるから気をつけてなどと声をかけられる。親切心なのであるが、こちらはその一言でまた参ってしまう。少し交代してくれるというので東京在住の長男に来てもらった。1月末まで病院に泊り込んでくれる予定である。

 妻の状況は、医師ももはや打つ手がなくなったようだ。後は本人の生命力がどこまで支えられるかになってきてしまった。
[PR]
Commented by ようこ at 2007-01-29 15:50 x
読んでいて、切なくなってきました。
「残っているのも地獄」と、思われる今のお気持ちをお察しします。
息子さんが泊まって下さっている間に、心身のお疲れを少しでもとって下さいますように。
妻を介護する状況を、夫と話し合いたいと思います。
Commented by at 2007-01-29 21:01 x
長い看病には相当の疲労があることでしょう。息子さんがいらっしゃったとのこと、watariさん少しはやすんでリラックスしていただけたら・・・(今の現状では難しいでしょうが)と願っております。かなり前になりますが私の祖母が長期にわたり入院しておりました、私の母は看病で付きっきりで家に帰る時間もないまま病院と仕事場を往復しておりました。中学生だった私からみても本当に毎日毎日大変で共倒れになるのでは?と心配していました。お身体にはくれぐれもお気をつけ下さいね。
Commented by imaizumi at 2007-01-30 08:27 x
watariさん自身も病身とは!なんと辛いことでしょう。watariさんのその辛さを分担してあげられないのは何とも歯がゆいです。
緩和ケア病院ではあっても介護者を介護するシステムは無いんでしょうねえ。
 どうかwatari さん絶対無理だけはしないでご自分の体本位に開き直ってお体を大事にしてください。
Commented by watari41 at 2007-01-30 18:10 x
 夫が妻をというような比率は低いのでしょうが、そうなった場合のことを普段から考えておくことが必要ですね。ようこさん、コメントをありがとうございます。

 Mさんの祖母さんもこの病院でしたね。もう30年も前のことでしょうが思い出します。私は、ここ数日休んでみたのですが、かえって疲れが出てくるようで不思議なものですね。それだけ老齢化しているのでしょうね。
コメントをありがとうございました。

  imaizumi さん、私よりもはるかに年上の方に申し上げるのも何ですが、精神的な疲労というのはなかなかとれにくいものなのですね。こういう状態ですと、頭が興奮状態でなかなか寝付けないのですが、睡眠剤などの助けも借りております。コメントをいただきありがとうございます。
by watari41 | 2007-01-29 09:26 | Comments(4)