戦後72年

 戦後のことは、もはや一つ歴史といっていいくらいに十分に長い時である。保坂さんという現代史の研究家がテレビで話していたのを聞いてなるほどと思いながら下記のことを考えてみた。

 1917年にロシア革命があり、「ソ連」という国家が存在したが、1989年に崩壊した。
 すなわち72年間存在した。米国に並ぶ軍事国家を築いたが20世紀最大の歴史的実験とも言われた。しかし、ものの見事に失敗した。

 日本の戦後72年は、時間の長さでは同等になった。これを失敗国家だったとする意見はないであろう。
 明治維新後(1868年)から1945年までは77年間であったが、悲惨な敗戦を迎え結果的には失敗であった。1941年の開戦直前には日本は強大な軍事力を持つに至り、これを崩壊させるために、ルーズベルト大統領の策略に引っかかったという説が有力になりつつある。

 敗戦直後は、マッカーサー元帥主導による徹底した民主化が行われ、現在の憲法が出来上がるに至る。
 究極的には、日本人をキリスト教徒に改宗させ、平和国家にしようとする考えがあったとされる、そのためには天皇をキリスト者にしようと計画したようだが、抵抗にあいそれは思うようにならなかった。それなら皇太子をアメリカ留学させようとしたが、これも挫折し、バイニング夫人を家庭教師としたことは知られているとおりである。

 終戦後の日本はマッカーサーに大いに感謝し、離任後にはその神社を建設しようとする動きがあったとするのだから面白い。

 だが今や戦前を懐かしむ人たちが多いのも事実である。戦後生まれの籠池夫妻が、教育勅語を主体とする小学校開設の直前まで行ったのである。

 戦前、戦後の単純な比較が難しいのは事実だが、一つの歴史が出来たことは事実なのである。

[PR]
by watari41 | 2017-08-12 21:42 | Comments(0)