強い楽天

 昨年がウソのような楽天の首位である。梨田監督が流れを引き寄せたのだろうか!
 3月には名だたる解説者たちが最下位を予測していた。
 今日は29年ぶりという、青森県でのプロ野球で弘前球場が舞台である。ローカル局が中継している。青森県にゆかりの太田幸司さんが始球式だった。実況解説もしている。三沢高校の甲子園決勝進出の投手である。昭和44年のこと、48年も前のことだ。在職中に出張の携帯ラジオで聞いていたことを憶えている。
 その後、近鉄で現在の楽天監督梨田さんとバッテリーを組んでいたのだから面白い。
 捕手の細川もソフトバンクに在籍していたが、楽天に移籍、青森県の出身だというのだから興味深い。今日はそんな縁もあってか先発で出場している。そのコメントを紹介していた。移籍したその年に地元でプレーできるなんて幸運だと。ヒットを打ち拍手を浴びている。

 三沢市は太平洋側、弘前は津軽地方の中心都市で、江戸時代までは藩も違い全く風土が異なっていた。現在は同じ青森県に属しているが、東北の北端であり人口減少など不振にあえぐ。

 オリックスを相手にリードしている。6回に岡島のファインプレーがでた。今日も勝って満員の弘前球場を喜ばせてほしい。

 それにしても巨人は何としたことだろうか。敗戦の責任を監督が取るのではなくて、ゼネラルマネージャーが交代するというのも何か変だ。

 プロ野球をビジネスにしたのが、高田監督時代の日本ハムである。独特の貢献度と年俸の評価方式を確立した。ベテラン中心選手を惜しげもなく切り捨てた。巨人に行った小笠原、オリックスに移籍した小野谷、糸井だとか、それでも人気を維持し今年は不振だが昨年は優勝した。やがては楽天も同様な道を辿るのだろうが、そんな工程も見ものである。

 気の早いことだが、優勝したら梨田さんは野村さんと並び称されることになるのだろう。
 采配が見事である。下位打線が当たっている時には、外人選手が如何に不振でもボックスに立たせていた。そうちに打つだろうと。その通りになってきた。


[PR]
by watari41 | 2017-06-28 20:26 | Comments(0)