権力者

 菅 官房長官の回顧録を読んで見たいものだと思う。20年後だろうか。
私は残念ながら見る事はできないだろう。同時にその頃には機密文書の解禁もあるのだろう。
 権力者とは、事実を無かったことにも出来る。すり寄ることで多大な恩恵を受けることだってある。ただ、調子に乗り過ぎると籠池さんみたいになってしまう。都合が悪くなるとバッサリと切り捨てられる。
 権力者とは、平気でウソをついたり、ゴマカシたりもするが、テレビ時代には、そんなこともすぐにわかられてしまう。

 誰でもタタけば、チリやホコリが出てくる。特に女性関係となると日本では単なるホコリでは済まなくなってしまう。ご本人の人格に重大な欠陥ありとみられてしまう。いくら機密情報でも価値がなくなってしまうのは、何十年か前の毎日新聞記者だった西山さんが、一生を棒に振ってしまったことがる。

 現代日本の最高権力者は首相である安倍さんにある。投票で選ばれたのだから文句を付けることも難しいが、長期に渡ると忖度が出てくる弊害があることを昨今の一連の事件!が証明している。責任を取る必要のないところが、押し付けられて謝ったりしているのだからおかしなものだ。日本の首相には、権力が無いなどと言われたこともあるが、どうしてどうして強大な力があり、現代史を作っているのである。

 だが、長く権力者でいるには単純さも必要なようだ。それを補うのが官房長官であり副長官である。
 首相が右を向けといえば、大半の自民党員がそうするようだ。
 小泉元首相が面白いことを言っていた。この人も単純な人だった。今は原発反対で知られている。安倍さんが反対と言えば、簡単に日本から原発がなくなりますよと。
 それを選んでいるのが民主国家日本の我々である。アメリカだってトランプさんが出て民主主義の限界が叫ばれている。プーチンさんのロシアだって形の上では民主国家である。
 どんな世界になったところで、常に権力者というのは存在する。

[PR]
by watari41 | 2017-06-21 21:31 | Comments(0)