トランプリスク

 とても尋常な方だとは思えないアメリカ大統領が登場した。
 君子豹変ということもあるが、その逆をいっている。当選したら途端に普通の人になったように見える。
 選挙演説は半ば公約みたいなものだろうと思うが、票を取るためなら何をしゃべってもかまわないというようなことは、今後批判の対象になるだろう。
 日本では選挙公約が、票を獲得する手段だが、あまりにも出鱈目だというのでマニフェストという言葉が登場したが、しりすぼみになりつつある。

 トランプさんは、政治的にはおそらく無難にこなすでのであろう。そのあたりのリスクは比較的少ないと考えられる。
 最も高いリスクは大阪府知事だった「横山ノック」的、ふるまいがこれから心配される。
 トランプさんは選挙中も言っていた。こちらが有名人だと女は何でもさせてくれると。これは本音なのだろう。
 大阪のノックさんは、車のなかで女性をもてあそんだことで失脚した。合意の上だというが、そんなことは有り得ないだろう。

 優れた実業家であることに間違いない。大成功を収めた人なのである。
 しかしながら、えてしてこの種の人は女性に手を出したがる。普通の男子も似たようなものであるが多少の理性と、何よりもお金のないことが決定的な違いだ。
 わが田舎町にも、そんな人がいた。とにかく商売上手だった。事業勘が冴えていたのである。残念ながら人望がなかった。仲間とつるんで東南アジアへ頻繁に出かけていた。誰もが想像する旅行だったのだろう。

 トランプリスクがどんな形で表面化するのか、異なる角度からも注目である。
 政治的に世界を変えるリスクは、もちろんあるがそれは富裕者のリスクなのであろう。



[PR]
by watari41 | 2016-11-13 10:18 | Comments(0)