立ちション

 何とも尾籠(ビロウ)な話で恐縮だが、電車の運転手がダイヤを守るためとはいえ、線路に立ちションしているところを見とがめられた。何度もやっていると言うのだから、介護用オシメが恥ずかしければ、それなりの容器を用意しておくべきなのだろう。

 今を去る50年も昔のことになるが、石巻発仙台行きの電車がなかなか発車しない。そのうちにアナウンスがあった。只今運転手が昼食中なのでしばらくお待ち下さい、というのである。乗客は唖然とした。動労が強かった時代のことである。仙台まで一時間半ほど我慢が出来ないのかという時代雰囲気だったように思う。

 立ちションが、軽犯罪の象徴みたいに言われた時代が懐かしい。小生なども入社の頃は、酔った勢いで、どこの家の塀かわからないところで、みんなでやれば怖くないみたいなことだった。酒に寛容な時代があったのだ。実際に立ちションで検挙された人はいないのではなかろうか。

 プロ野球の選手で盗塁王の歴代記録を大幅に破った福本選手だったと思う。国民栄誉賞の話が持ち上がった。本人は断った。そんなものをいただいたら、その辺で立ちションも出来なくなってしまうよというコメントが忘れられない。

 今年のイグノーベル賞は、天の橋立などで知られる「股のぞき」を研究した日本人に与えられた。学術的なものであるが、テレビでタケシさんが、昔の女性の立ちションスタイルではないのかと言ってたが、若い方々にはわからないだろう。これまた半世紀も昔のことだが、モンペ姿で農作業をしていた恥も外聞もなくなった高齢のご婦人が、モンペをヒョイトまくり上げて、裾が濡れないように上半身を折り曲げて確認しながら田畑にシャーシャーと自らの肥料をまいていたものだ。タケシさんの年代でも記憶にあるのだろう。

 人類誕生以来の生理現象に、電車の運転手ではないが高度文明社会の現代も困窮している。たまたま9月24日に我が町で高齢者医療講演会があり、参考資料として「トイレが近くて困ってませんか」という男女別での冊子が同封されていた。URLも掲載されてた。
http://www.hainyou.com/

[PR]
by watari41 | 2016-09-26 20:25 | Comments(0)