行政区長職

 東京23区とか、仙台の青葉区など大都市の区長職とは桁が3つほど異なるが、田舎町にも区長職というのがある。
 人口3万人足らずの我が町に、80人もの行政区長がいるのだから驚かれる方も多いと思う。私もその一人である。従来からあった地域の町内会長と一色単に扱われているのである。

 田舎の区長とは役場の末端行政機構であると位置づけられている。どんな仕事があるのかと言えば、広報誌の配布とかポスター貼り、ミニ税金とも言える赤い羽根募金・日赤社費・福祉協議会費・消防後援会費・・・・などの徴収と納入である。一戸当たり数百円というわずかな金額なのだが、厄介な仕事である。
 実際には、町内会費として一括徴収して、その都度役場に納入している。

 行政区長には、町の条例によって年間一人平均50万円程度の手当が支払われている。戸数割の部分もあるので100万円の方もいる。第三の就職みたいなものですねともいわれる。

 かつては地域の名誉職みたな感覚の時もあり、現在でもそんな名残りがある。手当の割には誰もやりたいと手を上げる人がいない。恐れ多いと考えているところも多少はあるのだろう。

 現在は上記の如く雑務職なのだ。20年ほど前の先輩が、町民を代表して北方領土返還決起集会があるので参加して頂きたい旨をおおせつかり、仙台までの汽車賃と日当をもらい一日を潰してきたなどという話も聞いたことがある。そんなバカ馬鹿しいこともあるんですとこぼしていたこともある。
 民間製造会社にいたものからすると想像もつかない世界だが、これからも様々なことを経験するにちがいない。

  (小生、二泊三日で関西への同窓会旅行です)

[PR]
Commented by Schmidt at 2015-03-29 19:58 x
重要な役割ですね。お体大切にしてください。わたしが住んでいる賃貸マンションで班長を募集していますが、誰も手をあげないようです。
Commented by ようこ at 2015-03-31 19:36 x
町内会長職のことを区長職と言うのですか?
誠実なwatariさんに相応しい役職ですが、どうぞ、がんばりすぎませんように。
Commented by watari41 at 2015-04-02 21:42
 どなたがなってもよさそうな区長職なのですが、特に高齢者とかご婦人の方々は、誰が地域区長かということに、こだわりがあるんです。班長は10軒程度の班でしかないので、ここでは毎年順番を回すんです。
schmidtさん、ようこさんコメントをありがとうございます。
by watari41 | 2015-03-29 16:26 | Comments(3)