原阿佐緒と石原純

 アララギ派の歌人「原阿佐緒」さんとの関係で語られることの多い「石原純」さんは、有名な物理学者でもある。
 ご両人とも仙台にはゆかりの人だ。スキャンダラスな話になってしまっているが、石原さんは名前の通りに純粋無垢で感情の豊かな人であったようだ。アインシュタインとも親交があり当時の学者としては最先端をいく人であったようだ。学問上も数々の業績がある。

 最近、ネット上に石原さんの著述である「私達の日常科学」というのが全編公開されているのをみつけた。少年少女向けのものであり、昭和16年、石原さん60歳のときに書かれたものである。実に解り易く記述されている。
 読んでいくと一流の物理学者が到達した境地というようなことを感じてしまう。難解なことを誰にでもわかるように平易な文章で書くというのは、その道を究めた人でないとできないことだ。
「紅茶のページー物理資料館ー」に公開されている。

 原阿佐緒さんは妖女・悪女のようにもいわれているが、これまた純粋で童女のような人だったといわれている。その和歌には素人の私が読んでも胸を打つような句が多い。邪心があればあのような詩はできないであろう。

 昭和30年代に「事件記者」という人気番組があった。原保美さんが出演していた。私の母親などとは同世代で、テレビを見ながら有名な原阿佐緒の息子であると聞かせられていたものだ。
 石原さんとの関係は、当時のジャーナリズムによて面白可笑しく書かれたようだが、実際には真剣で真面目なものであったのだろう。石原さんは美貌の原阿佐緒に理想の女性を見ていたのだと思う。
 その行動力には驚くが現代社会に生きる我々は、どうしても自制心が先にたってしまい、このような具合にはいかない。
 原阿佐緒さんの生家である宮城県大和町宮床の記念館には当時の資料が展示してある。
[PR]
Commented by michiko at 2005-02-08 22:46 x
原阿佐緒さんの歌は美しく素敵です。仙台へ引っ越してきて始めてその名と生涯を知りました。純粋な方ですのに当時は理解されず辛い思いだったことでしょう。
Commented by watari41 at 2005-02-09 09:49 x
 michiko さんコメントをありがとうございます。私などは地元にいながらにして知らないことってたくさんあるものです。祖父母などと同世代の方々ですがこういう人たちもいたのですね。
by watari41 | 2005-02-03 10:33 | Comments(2)